FC2ブログ

C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品 完成

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65号機 晩年期66年~68年の大分運転所時代 KTMゴールドラベルという90年代に発売されたキットです。OJスケールをリスケールした造られたKTMさんからはつばいされた伝説的キットをベースとして製作をしました。

各部ディティールアップをしていますが、ベースはKTMさんのゴールドラベルのキットです。
端正で、シャープな印象が強くのこる、他にはない独特のカッコよさをまとったモデルになったと思います。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
特急牽引車として活躍した65号機は白帯等装飾されていた時代もありました。

K-5型という独特な形状の門デフをまとったC57もまたいい雰囲気です。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
テンダーヘッドライトは大型に変更しています。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
非公式側です。
ランボード横には後進用の列車暖房配管を設置しております。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
特急牽引をしていた時代、力強く、風を切り走っていた姿が見えてきそうでしょうか。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ドームそばの砂撒き管元栓は2本から3本に変更されている時代でしたので、3本に加工をしております。その元栓から伸びるパイピングは動輪横の砂撒き管に繋がっている様子も表現をしました。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブしたはパイピングを丁寧に追加しました。従台車の立体感は他のどのメーカーさんのキットに比べても美しいの一言かと思います。造形美を感じるクオリティのパーツです。

制作記にも明記致しましたが、ドロダメの後ろ側に見える2本のラッパ型のパーツは九州型の特徴で、消煙器という装置です。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ天窓はスライド型の開閉式のご依頼を頂きました。こちらがしまった状態です。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
こちらが開いた状態です。天窓の穴からキャブ内を見て楽しむ。これも上から眺める機会が多い模型ならではの楽しみ方かと思います。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ内も作り込みをしております。各引き棒をキャブ内に引き込み、引き手を付けディティールアップをしています。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
空気作用管を設置し、塗装後に磨き出しをしています。
空気作用管の引きまわしもドームを逆側までまわり込みきっちりと実施していきました。

ランボード上には六角ボルトを1本ずつ打ち込み実車通りランボード上の表現をしてディールアップをしました。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
非公式側キャブ下の様子です。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ATS発電機からキャブ屋根に繋がっていき、キャブ屋根に乗っているのは消音器です。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
動輪廻り、先台車等車輪、動輪は黒塗装をして下周りを引き締める塗装をしています。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
塗装は6分艶、5分艶と濃淡を少しつけるような表現にしてモデルの雰囲気を作っています。

デフに乗っている小さな四角い板はエンゲルマン濃度計という機器です。こちらも九州型の機関車に特徴的な機器です。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
テンダー車です。連結器は金岡工房さんパーツに変更をしています。配電管も勿論表現をしました。継ぎ手はエコーモデルさんの2方、3方継ぎ手を使用しました。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
増炭枠板は鈴木工房さんのパーツを2セット使用して表現をしました。またその支えの支柱は自作で設置しました。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
火掻き棒は金岡工房さんのパーツを使用、
道具箱のヒンジも表現が薄かったので、0.8mm角のヒンジ(金岡工房さんパーツ)を使用してディティールアップをしています。

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
床下のブレーキシューは梁付きのを使用してディティールアップをしました。(ピノチオさんパーツ)

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品
本体部のブレーキシュー、引き棒もパーツ変更をしてディティールアップをしています(珊瑚模型さんパーツ)

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65番 KTM ゴールドラベル 工房特製品


■車両・スケール
車両:C57 65号機 晩年66年~68年の大分運転所時代
スケール:16番 1/80(16.5mm)
メーカー:KTM ゴールドラベルキットベース

C57 144号機=KTM完成品 リファイン=工房特製品リファイン=製作 完成

C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
KTMさんの完成品C57を北海道岩見沢に保存されている144番にリファイン製作を致しました。
こちらの画像は当工房特製品※リファインの完成画像です。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
リファインの大きな作業部分はバックプレートの設置、キャブ内の作り込み、空気作用管の設置、その他各箇所ディティールアップによるリファインのご依頼を受け製作をさせて頂きました。
こちらが元のKTMさんのモデルです。
当時のKTMさんのしっかりとした作りの特徴がよく出たモデルです。

C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
上の画像は完成後の公式側の画像になります。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
元の素材もとてもいい雰囲気ですが、パイピングの物足りなさ、細かなパーツのディティールアップや追加パーツをして、全く違ったモデルに蘇らせていこうと思います。

C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
上の画像は完成後の非公式側全体です。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
ボイラー上部にはパイピングを追加、発電機、ボイラー蓋をはじめ変更箇所は多くなりそうですが、元の素材を活かしたパーツ選定をすることを心がけ作業に入っていきます。

C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
こちらがリファイン後の完成した姿の画像です。

/factory-yyk.com/img/DSCN8614_s.jpg/" target="_blank">C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
全体的に物足りなさ、シャープさのテイストが不足しているように思いますので、それを表現していきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
まずは、塗装を綺麗に剥離していきます。各パーツも取り外していきます。
ドームに付く砂まき管は手前に見える枝付きのロストパーツ(珊瑚模型さん)にパーツ変更をして精密さを表現します。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
非公式側です。ATS発電機等、各機器を立体感のあるパーツに変更していきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
設置した砂まき管にパイピングを設置しディティールアップをしていきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
生地の状態ですがほぼディティールアップに関しては完成した状態です。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
キャブ周りのパイピングを追加してモデルとして重厚感をますようにしていきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
やはり空気作用管は設置されているモデルは

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
カッコいいなと思います。
非公式側 生地完成状態です。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
リファイン施工前とじっくり画像で見比べて頂くのも楽しいです。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
テンダー後方に設置された特徴的なライトは取り付け位置の台座等は自作し設置しました。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
各ホース出口にパーツ追加し精密度を上げていきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
仮組み上げをして動作の確認をしていきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
生地のままでもひとつの完成品と思える程、蒸気機関車の生地の状態は様になります。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
少し見えにくいですが、キャブ内にはバックプレートを設置し作り込み加工をしています。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
もう一度バラシテ、脱脂、洗浄をして塗装の前の準備をします。綺麗に真鍮色に戻ったモデルもいい雰囲気です。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン

乾燥後塗装に入っていきます。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
蒸気機関車の塗装は平面が少なく、奥行きもあります。そして実は黒の塗装は難しいです。
色の変化がない1色塗装ですが、黒でも濃淡があります。そして艶消しと艶有ととても奥深い塗装なのかと思います。

今回は基本は艶有の黒を希釈をいつもよりも薄め(シャバシャバ目)にして最初は艶が出るように色を乗せていきます。
部分的に色の濃淡がでるようにハンドピースの距離と希釈を変え塗装していきます。
上の画像は濃淡がありますが、どれも同じ黒の塗装をした状態です。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン
上からみるとこのような感じです。

C57 144 KTM完成品 工房特製品※リファイン


最後にクリアーを塗装しますが、こちらも同様にハンドピースの距離を変え濃淡をつけていきます。

ここからは完成画像になります。

C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン

C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン
C57 144 KTM 工房特製品※リファイン


■車輛・スケール
車輛:C57 144番
スケール:16番 1/80(16.5㎜)
メーカー:KTM
作業:リファイン

C57 38号機=アダチキットベース=16番 1/80(16.5mm)=当工房特製完成品リファイン

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 38号機 アダチキットベース 当工房がベースとなる車輛を選定し、私たちがこのモデルにベストだと考える、最終のモデルの佇まいを企画し、パーツ交換、追加、加工を実施し元のモデルとは全く異なるモデルに仕上げました。

アダチさんのベースキットは珊瑚さん、天賞堂さん等ととはまた違ったフォルムをまとっています。フォルムは各メーカーさんのモデルを並べてみると少しづつフォルムに違いがあり面白いところです。

上の画像はリファイン後、塗装し完成した姿です。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
こちらが元のモデルの状態です。全体的には雰囲気は出ているのですが、少し物足りなさを感じます。
よくよく見るとパーツが曲がっている部分もあるので、まずは修正作業から進めていこうと思います。

少し立体感や彫の深さが気になるロストパーツは変更をしていきます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
テンダー部分もハンダの処理がうまくいっていない部分がり、外せるパーツは外して、綺麗にハンダ付けをし直して行きます。

DSCN8329_s.jpg
ボディをばらして、モーターがむき出しだったキャブ内にバックプレートを設置し、床は段付きの床に加工し直して行きます。

また、キャブ内に各パイピングの引き込みをする予定ですので、キャブ屋根も切り取り、取り外し可能なモデルに仕上げていきます。

DSCN8330_s.jpg
ハンダ処理に問題があったテンダー部分も、パーツの付け直し、丁寧なハンダ処理をし綺麗に仕上げていきます。

DSCN8331_s.jpg
まだまだ、加工初期段階ですが、ここまで綺麗に仕上げました。

DSCN8332_s.jpg
非公式側

DSCN8333_s.jpg
公式側、パイピングの設置方法、曲がり方、キャブ下のパイピングの追加、パイピング先端のパーツ設置、等細かなパーツをふんだんに使用して全体像を変えていく方法を取りました。

DSCN8334_s.jpg
キャブ内に少しづつではありますが、パイピングを引き込んでいきます。

DSCN8335_s.jpg
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
ボイラーに乗るATS発電機、補助発電機もニワ製の質感が高く、且つ今回製作のモデルのイメージに近いパーツを選定して設置していきます。
キャブ内に引き込んでいるパイピングの数が増えてきています。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
運転士が操作する逆転レバー、ノッチ等を設置していくと、グッとモデルの見どころが増え、精密度が上がり、全体の佇まいが変わってきます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
ボイラーの側に付く砂撒き管元栓もそのままですと、さびしいので、加工をしていきます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
ATS発電機、補助発電機周りのパイピングを張りめぐらして行きます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
砂撒き管元栓への加工です。
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
作用管の付け直し、、その他パイピングが増えて入っているのがわかります。
大分イメージが変わってきました。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
キャブ内も最初の状態から比べると、実車に近くなってきました。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
キャブ下のパイピングを追加しました。パイピングの先には機炭管先端のパーツを設置し質感を向上させています。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
テンダー裏面もハンダ処理がうまくされていなかったので、こちらも綺麗にしていきます。
ブレーキシリンダーを設置しテンダー裏面に必要な機器パイピングを施工していきます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
ボディの加工終了後、脱脂洗浄をした状態です。
とにかく綺麗にすみずみまで洗います。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
最終的には艶あり部分と艶消し部分が、混在するようなボディを目指して塗装をしていきます。

まず、艶有の黒を希釈をいつもよりも緩めに希釈して何度か重ね塗りをしていきます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
ハンドピースの距離を変えて、艶消し部と艶有部のメリハリを付けていきます。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
ボディ部の塗装を終え乾燥させます。


ここからは乾燥後、ボディを組み上げ完成したモデルの画像です。
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
艶消しに近いボディの状態を目指し塗装しています。艶消し部分、7分艶、5分艶を各部分に塗装し全体のメリハリを付けました。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
キャブ屋根は取り外し可能になっています。
キャブ屋根を取り外して、キャブ内を眺められるのも楽しみです。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
キャブ内椅子は、中々いいパーツが見つからず、真鍮板を切り出し自作で製作、設置しています。

C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成
C57 アダチ 当工房特製完成品リファイン 完成


■スケール・モデル
車輛:C57 38号機
スケール:16番 1/80(16.5mm)
ベースキット:アダチ

■モデル内容
アダチ製キット組みあがりモデルを、ばらせる部分はばらし、当工房がカッコイイと思う佇まいのモデル製作を目指し、企画、加工、パーツ変更、追加をし組み上げ、塗装を施工した、特製完成品リファインモデルとなります。

C57=珊瑚模型=16番 1/80=リファイン

C57 珊瑚模型 リファイン
C57珊瑚模型のリファインです。ロットの修正と塗装剥離及び再塗装を施工しました。
こちらは施工前の姿です。各種パーツを取り除きました。

C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
塗装剥離をした状態です。

C57 珊瑚模型 リファイン

C57 珊瑚模型 リファイン
再塗装後乾燥中の一枚です。

C57 珊瑚模型 リファイン
DSCN3172_s.jpg

C57 珊瑚模型 リファイン
各種パーツを設置し再度組み上げてリファインが終了しました。

C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン
C57 珊瑚模型 リファイン

■スケール・モデル
車両:C57
メーカー:珊瑚模型
スケール:16番 1/80
ブログ内記事検索
工房特製品、修理品等【完成画像】
過去製作した工房特製品、修理品、委託品の完成画像を車両ベース毎に掲載しています。
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (4)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村