FC2ブログ

車両観賞用レイアウト=架線張りモデル=ポイント有=HO(16.5mm)=完成

観賞用 レイアウト 架線付き

模型観賞用小型レイアウトが完成しました。車両を乗せてみました。全体の雰囲気はなかなかいいです。

観賞用 レイアウト 架線付き
架線の位置もパンタにピタリと合うように設置しました。

観賞用 レイアウト 架線付き
ポイント部分にはダミーのポイント切り替え器を自作パーツとして製作して設置しました。
ポイント部分の汚れも再現してあります。

観賞用 レイアウト 架線付き

観賞用 レイアウト 架線付き
線路の渡り板も自作で製作して設置しました。小物を入れることにより、一気に雰囲気が変わってきます。

観賞用 レイアウト 架線付き


車両観賞用レイアウト=架線張りモデル=ポイント有=HO(16.5mm)=製作②

観賞用レイアウト 架線付き

車両観賞用のレイアウト製作の続きです。架線を貼りました。ポイント部分の架線分岐も表現しました。

架線を製作するのも大変でしたが、架線を張るのも大変な作業でした。
架線を張る為に地上からの高さも、車両を置いた際に重要になってきますので非常に苦労しました。

垂れないよう、捻じれないよう、高さが合うよう、張り付けをしていきます。

観賞用レイアウト 架線付き

観賞用レイアウト 架線付き

架線に使用したのは、0.2mm~0.4mmの燐青銅線を使用しています。

観賞用レイアウト 架線付き
この後、もう少し色入れ、緑の草入れ、簡単なストラクチャーを自作で製作して設置していきます。



車両観賞用レイアウト=架線張りモデル=ポイント有=HO(16.5mm)=製作①

観賞用レイアウト 製作
久々に車両を乗せて観賞が出来るミニレイアウトの製作をしています。

今回の構想は鉄橋などのストラクチャーを設置しません。その分ポイントを設置して車両を置いた際にいい感じに様になるよう
に構想しています。

観賞用レイアウト 製作
レールを敷設前に塗装しました。少し赤みが強い茶色を塗装しました。レールの塗装の有無で全く様子が変わります。

観賞用レイアウト 製作
塗装をすることによりポイント部分もレールの金属感が無くなりいい感じです。

観賞用レイアウト 製作
少し見えにくいですが、今回は観賞用レイアウトですのでより雰囲気を出す為に架線も自作しました。ポイント部分の張り方が
難しく検討中です。

観賞用レイアウト 製作

その他のレイアウトはこちらから

ミニレイアウト=HO 16.5mm=自作=橋=上田電鉄モハ5250

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
以前に上田電鉄モハ5250と一緒に製作したミニレイアウトの製作の様子です。

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
既存のストラクチャをつなぎ合わせ、橋部分を製作、枕木もそれらしく塗装します。

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
発砲スチロールを重ね、高さを合わせ、くみ上げた橋をつないで構成を見ます。

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
発棒スチロールを削り、岩肌らしくしそこに塗装を入れていきます。

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
川の部分に岩を置いてみて全体的なバランスを色を入れながら調整します。

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
一気に色入れや草木を植えこみ、化粧板を横にはり塗装で完成です。

ミニレイアウト HO16.5mm 橋

ミニレイアウト HO16.5mm 橋
実際に車輛を置いてみるとこんな感じで雰囲気がでます。

HO=ミニレイアウト=複数

CIMG3617[1]

観賞用にという事で製作したミニレイアウト

lunaloveisthis-img600x450-1399214990cfcidv30672[1]

以前販売した、クモニ13・クル29(荷物電車)=小高模型社・鉄道模型社の付属品として販売

上田①[1]

こちらは、上田電鉄モハ5250=珊瑚模型=キット組立て上田電鉄モハ5250=珊瑚模型=キット組立ての付属品として販売

銚子電鉄③[1]

銚子電鉄①[1]

銚子電鉄デキ3=ワールド工芸=カスタム=真鍮製=HOの販売の際に付属品として販売

いずれもHOのミニ観賞用台として製作をしたものです。
もう少しこの手のミニレイアウトを製作しても面白いかと思っています。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村