FC2ブログ

京阪1300(両運)1600(片運) 特急色塗装=MMモデル=16番 1/80=工房特製品 完成

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
京阪1300 1600 MMモデルのキットをベースにオーダーを頂き製作をした当工房特製品になります。

お客様のオーダーを形にする為に、各所にパーツ追加及び変更、パイピングの追加、ボディ部の加工をし組み上げたモデルとなります。

京阪特急色の塗装を施し、前面には京阪特急マークと大きめな貫通ホロが特徴的なモデルです。
前面に設置されているガイコツテールは左右で設置されている高さが違います。こちらも印象に残るモデルの姿です。

ガイコツテール、貫通ホロはともにエコーモデルさんのパーツを使用しています。

画像左側が片運車両の1600 右側パンタ車が両運車両の1300になります。
左側車両の連結器はモアさんのロストパーツに変更

右側車両1300の連結器はアトリエリーフさんの空気作用管付きののロストパーツに変更しています。
また前面右手に見えるジャンパー栓は台座を自作で製作し、モデルワーゲン製を追加しています。

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
屋根上は黒シルバーをベースで塗装しランボード、各機器はそれよりも明るめのシルバーで塗装しアクセントにしました。
真上から見る機会が多い模型ですので、屋根上の塗装や機器、パイピングを充実させることで、違った印象を与える事が出来ます。

パンタ周りのパイピングを追加、この時代の車輛には設置するとグッと印象が変わるパンタ鉤外しも設置しました。(筑波車両さんパーツ使用)
パンタは、碍子はIMON製を使用しています。

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
台車枠は日光製を使用しています。その台車枠の各部に色差しをしました。黒一色での塗装も車両によってはいいかと思いますが、奥行きを出したい時には色差しは有効です。

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
お客様からオーダーを頂いて製作をした床下部です。機器配置用の梁を設け、パイピングを床下に張り巡らしディティールアップをしました。
床下梁と機器配置を活かす為、動力は吊掛け式のメディアリンクスさんのNSドライブユニットを選択しています。
床下機器も質感を上げるため、一部パーツは他社さんのパーツに変更していきます。

画像のブレーキシリンダー、空気ダメはアダージョさんのパーツ、コンプレッサーはBONAさんのパーツに変更しています。

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
1600の床下部です。

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
画像左が両運車両の1300 右側が1600の妻面です。1600の妻面には簡易運転台を設けました。

京阪1300 1600 MMモデル 当工房特製品
窓の保護棒の台座はニワ製の台座を使用しています。

■車両・スケール
車両:京阪1300 1600
メーカー:MMモデル
スケール:16番 1/80 16.5mm

■使用パーツ
手摺受け※2037 フクシマ
ドア取っ手※貫通扉※PH-075 BONA
ドア取っ手※乗務員扉※2762 エンドウ
客室仕切り板 谷川
貫通ホロ 1662 エコーモデル
締切コック※630 エコーモデル
ジャンパーセット モデルワーゲン
締切コック※1010 ニワ
保護棒台座 ニワ
胴受け U-trains
床下梁 U-trains
ヒューズ箱※EL-23 ニワ
ジャンパー栓※EL-61 ニワ
空気タンクA-50 アダージョ
ブレーキシリンダー ワーゲン
ブレーキシリンダー※L1001 ニワ
連結器 アトリエリーフ
連結器 モア
コンプレッサー※PH-2002 BONA
天井灯※FLL-6 ニワ
運転台椅子※1692 エコーモデル
パンタ※PS-13 IMON
パンタ碍子※PA3001 IMON
台車D-16 日光
動力 NSドライブユニット メディアリンクス
パンタ鉤外し 筑波車両
運転台※1685 エコーモデル
客室シート KTM

ブログ内記事検索
工房特製品、修理品等【完成画像】
過去製作した工房特製品、修理品、委託品の完成画像を車両ベース毎に掲載しています。
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (4)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村