FC2ブログ

京阪1300(両運)1600(片運) 特急色塗装=MMモデル=16番 1/80=工房特製品 製作②

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
京阪1300 当工房特製品 製作記になります。

車輛番号は左側1600は1603 右側両運車輛の1300は1303
前面のメタル数字はマッハ模型さんの京阪用を使用しし1文字づつ貼り付けてからクリアーを塗装しました。
メタル数字を張り付けるのはインレタと違い作業としては大変な作業ですが、立体感や質感がとてもよく、モデルにした際の仕上がりのイメージが変わる部分だと思います。
カッコイイです。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
屋根上も塗装したばかりの時点では艶がありの状態でしたが、クリアーに数パーセントのフラットベースを添加し艶を抑えていきます。
屋根上の配管やベンチレーター、ランボードと色に変化を付けて屋根上のアクセントにしています。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
ランボードの間にも機器をひとつづつ設置していき、屋根上は完成となります。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
両運車輛の1303にもランドボードの間に機器を設置します。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
室内の艤装をしていきます。室内屋根部分には丸い室内灯が入っていたようですので、ニワ製のロストワックスパーツ、天井灯を屋根に止める座を製作・塗装して・穴をあけ設置していきます。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
台車を床板に設置して塗装後のテスト走行をしてみます。
台車、床下機器に差し色をすることで奥行き感、立体感がでてきますので、少し色差しをすることはモデルの完成イメージを変える為にするお勧め作業です。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
尾灯の設置位置はガイコツテールが左右、上下に分かれており、特徴的、個性的です。
前面幌を取り付けると一気に車輛のゴツゴツ感、重厚感が生まれカッコイイ雰囲気になってきます。

京阪1300 MMモデル 工房特製完成品 製作画像
この後、運転室仕切り板、運転台、客室シート等内装の艤装をしボディ部、床下部とそれぞれ作業が終了します。
上下ボディを合わせ最後の仕上げをしていこうと思います。

C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品製作①

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
カツミさんのとても珍しいキットをベースに門デフを装着したC57 65号機の製作ご依頼を頂きました。

キットがとても珍しく、KTMさんのOJスケールのモデルをそのままリスケールしたモデルで、1990年代にC12 C56 そしてスーパーシュパーブC51 D51と発売されたシリーズです。私はD51までかと思っておりましたが、、C57もコールドシリーズがあることを知りませんでした。
当時の価格でC51は約16万円、その他のモデルも10万円を下らない価格でした。しかもキットの価格です。

蒸気モデルのキットとして現代のキットにも全く負けない程の、精密かつ美しいロストパーツが付属しているキットです。
組み上げた姿は端正かつシャープな雰囲気を持つモデルかと思います。
そのベースキットのパーツを変更、加工、追加をしてより雰囲気のあるオンリーワンのモデルを製作していこうと思います。


C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
コールドシリーズの特徴の大きな図面と説明書です。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
お持ち込み頂きました元キットは当時のままの状態を保たれており素晴らしいです。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
門デフはK-5を装着していたようですので、パーツ選定をしていきます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
門デフはあまり御座いませんが、例えばこのようにKSモデルさん、アダチさんんで比較をしてもにているようで似ていない、勿論D51タイプ、C55・57でのパーツの相違はあります。KSモデルさんのパーツがK-5の門デフのサイズにドンピシャでしたので、こちらのパーツを選択していこうと思います。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
早速、ボディ周りを製作開始していきます。
ドームは今回はとてもいい質感ですので、こちらを使用していきます。
砂まき管元栓はキットは2本の表現ですが、製作モデルは3本に改装されていますので実機どおりもうひとつ設置していきます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
洗口栓はニワさんのパーツに変更しています。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ニワさんのパーツのほうが立体感がありました。全体のバランスを考えこちらのパーツを使用します。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
主台枠はとても繊細、且つシャープな作り込みです。現在でもこのレベルの作り込みをしているキットは無いかもしれません。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
バルブギアもパーツの質感がとても高く、繊細です。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作


C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ランボードを設置していきます。キャブは仮留めの状態です。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ランボード上の点検蓋等もきっちりとロストパーツで表現されており、上から眺める機会の多いモデルですので、ランボード上の表現がされているモデルはまた一味違ったモデルに見えると思います。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ランボードにリベットを打ち込みました。使用したパーツは金岡工房さんの六角リベットです。頭径は0.5 軸径0.4を使用しています。

また、ドーム左横に見える、逆止弁の座(四角い板)部分にも同様にリベット表現をしていきます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
キャブ前面ドア部の扉表現がされていますが、ヒンジ(金岡工房さんパーツ)をいれドアの表現も立体的にしていきます。
ドア横に見えるのが空気作用管が通るキャブユニオン※0.4径(金岡工房さんパーツ)を設置しています。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
この角度からですと、打ちこんだリベットの表現がよく見えます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作

a href="http://factory-yyk.com/img/DSCN8742_s.jpg/" target="_blank">C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
空気作用管を作ります。継ぎ手はサカツウさんのパーツを、空気作用管押さえは金岡工房さんパーツを使用します。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
空気作用管を設置していきます。ドームの方に伸びて入っている部分は、砂まき管元栓の下でT型継ぎ手を設置し元栓につないでいます。とても細かな部分ですが、精密表現の部分ですので力を入れて製作していきます。

京阪1300(両運)1600(片運) 特急色塗装=MMモデル=16番 1/80=工房特製品 製作①

京阪1300 1600 MMモデル
京阪1300 1600 MMモデルキットベース 当工房にご依頼を頂きまし特製品の製作記です。

こちらが片運車輛の1600(制御車)です。

京阪1300 1600 MMモデル

こちらは両運車輛の1300(電動制御車)となります。

京阪1300 1600 MMモデル
画像は少し時間が戻り、ボディに客室扉を設置した所です。
画像の車輛は両運車輛の1300です。

京阪1300 1600 MMモデル
エッチングを折り返し窓枠の立体感を表現しているパーツ構成になっています。
1枚づつ丁寧に折り曲げていきます。

京阪1300 1600 MMモデル
2扉車の1300に窓枠を一つずつハンダでとめていきます。

京阪1300 1600 MMモデル
窓枠をとめた状態です。エッチングで表現されている窓枠は立体感があります。小さな部分ですがパーツ一つに気を遣っているMMモデルさんのこちらのキットは完成した姿を早く見たくなるようなキットです。

京阪1300 1600 MMモデル
全ての窓に窓枠を設置しました。

京阪1300 1600 MMモデル
片運車輛の1600も同様に窓枠を一つずつ丁寧に設置していきます。

京阪1300 1600 MMモデル
車輛前面は真鍮プレスで表現されています。前面のテールライト、幌支持棒、手摺等の穴あけ加工が全くされていないつるっとした状態です。

京阪1300 1600 MMモデル
貫通扉を設置しこのあと、穴あけ加工をする為に、図面とにらめっこをしながら正確に穴あけを実施していきます。
左が両運車輛の1300 右側が1600の前面です。

京阪1300 1600 MMモデル
ノギスで計測し、ポンチで軽く穴あけ部分にリードを打ち込み、こちらもひとつづつ穴あけを実施しました。

京阪1300 1600 MMモデル
穴あけ加工が終了したところで、ボディに車輛前面をハンダでとめていきます。
画像は仮止めの状態です。ボディの屋根のセンターと前面のセンターを合わせ、ボディ部の裾分できっちりと合うかを確認し、まずはボディの外側(裾 2か所 屋根センターあたりに1か所)に仮ハンダをしていきます。

この時点では少し合わせが合っていなければ、仮止めした前面を取り外し屋根のアールを合わせていきます。

京阪1300 1600 MMモデル
仮止めが完了し、内側から一気にハンダを流し前面を設置し、屋根の合わせをするようにヤスリでこすって接合面をなめらかにしていきます。

京阪1300 1600 MMモデル
特徴的な節が付いているランボードを設置していくと、車両の雰囲気がぐっと出てきていい雰囲気になります。

京阪1300 1600 MMモデル
雨樋、シルヘッダーを設置してはハンダをこすり車輛の生地を完成させていきます。

京阪1300 1600 MMモデル
車輛前面、雨樋、シルヘッダーと設置されてた車輛です。
左側、1300のランボードの片側が未設置となっていますがパーツを取り寄せ無事にこの後設置しました。

京阪1300 1600 MMモデル
床板には自作で梁を設置し、パイピングをいれて行きます。
モデルの印象が全く変わる部分です。床下機器は付属のホワイトメタルのパーツも使用しますが、ブレーキシリンダーや各タンクはアダージョさんの立体感のあるパーツに変更し設置していきます。
こちらは片運車輛1600の床下です。

京阪1300 1600 MMモデル
両運車輛野1300の床下も同様に作り込んでいきます。

床下をこのようにギッチリと表現をしておりますので、動力は吊掛け式、メディアリンクさんのNSドライブユニットを使用します。

京阪1300 1600 MMモデル
床下加工及びパイピングを張りめぐらせた2両を並べると迫力があります。

京阪1300 1600 MMモデル

京阪1300 1600 MMモデル
片側だったランボードも無事に設置し屋根上パンタ周りに自作パイピングを追加しモデルの雰囲気を盛り上げていきます。

京阪1300 1600 MMモデル
片運1600です。

京阪1300 1600 MMモデル

京阪1300 1600 MMモデル
京阪1300 1600 MMモデル
両運車輛1300です。窓には保護棒を設置しました。保護棒を設置すると当時の車輛の雰囲気がでて個人的にもカッコイイと思う仕様です。

京阪1300 1600 MMモデル
1300パンタ周りです。パイピングを自作で設置、パンタ鉤外しも設置して屋根上もとてもカッコよくなってきました。

京阪1300 1600 MMモデル
ボディ部、床下部の加工が完成しこの後、脱脂、洗浄をして塗装に入っていきます。

京阪1300 1600 MMモデル



京阪1300 1600 MMモデル
台車はベースはフラットブラックです。ブラックも2色濃淡で色入れをし、各部分にも色を差しこんで立体感を出して行きます。
台車は日光さんの台車を使用しています。

京阪1300 1600 MMモデル
京阪1300 1600 MMモデル
加工した床板はグレーをベースに各機器に色入れをし雰囲気w盛り上げます。
先程の台車と合わせて色の合い方を見ていきます。この時点では問題なくカッコイイです。

京阪1300 1600 MMモデル
下地は少し濃いめのグレー(日光さん京王床下用)を塗装しました。
下地の塗装をし800番~1000番の耐水ペーパーを掛け付着したゴミを取り除き、同時に塗装面もなめらかにしていきます。

下地はとても大切ですので丁寧に耐水ペーパーを掛けていくことがとても大切かと思います。

京阪1300 1600 MMモデル
京阪特急色の塗装をしていきます。まずはベージュから塗装していきます。
ここでも800番から1200番の耐水ペーパーを掛け塗装面をなめらかに保ちます。

京阪1300 1600 MMモデル

京阪1300 1600 MMモデル
ベージュ部分にマスキングをし、特急色の赤(マッハさん塗料を調合)を塗装していきます。

京阪1300 1600 MMモデル
京阪1300 1600 MMモデル
最後に屋根部分の塗装です。屋根は落ち着いた雰囲気が良く出て、モデルの雰囲気もぐっとしまって見える、黒銀を塗装していきます。
黒銀を塗装前にブラックで下地を作り、シルバーの粒子が均一になるようにしてから黒銀を塗装します。

京阪1300 1600 MMモデル
京阪1300 1600 MMモデル

京阪1300 1600 MMモデル
屋根上の各機器、ランボードはシルバーを塗装しアクセントにしていきます。

京阪1300 1600 MMモデル

京阪1300 1600 MMモデル
クリアー塗装をし艶の調整をしていきます。左側の屋根はクリアー塗装後です。艶が抑えられています。

古典大系 8100=珊瑚模型=16番 1/80=製作①

古典大系 8100 珊瑚模型
珊瑚模型の古典大系 8100の製作をしていきます。
明治時代にボールドウィン社で製造され、輸入された古典機です。

古典大系 8100 珊瑚模型
図面でみると小さなボディですが、当時の東海道線の箱根越えを補助していた機関車です。

シンプルながらも力強い走りを見せていた機関車です。

古典大系 8100 珊瑚模型
テンダー車軸は図面のようなユニークな形状です。
珊瑚模型の蒸気機関車はどのモデルも動力の調整、ランボード、キャブとボイラーの水平設置に苦労し、そして大型機になると空気作用管、各種パイピングの施工等、精密に組もうとすると中々、組み上げ完成迄が大変なモデルかと思います。
実際にその苦労もある為、完成したモデルは秀逸となり、また愛着もわき、所有する喜びが高いモデルになるかと思います。

組み上げに苦労する珊瑚模型さんの各キットは着手したものの、途中で諦めてしまったり、うまくいかなかったりと放置されることも多々あるモデルです。
いきなり大型機を組み上げていくのは難しいともおもわれます(いきなり出来てしまう方もいるかと思いますが)ので、珊瑚模型さんの古典大系シリーズは、蒸気機関車の基礎的な部分が盛り込まれた上に、シンプルなモデルとなっているので、このシリーズから珊瑚模型さんのキットに慣れるということでは、とてもいいモデルかと思います。
古典大系は小さなボディですので、勿論製作がとても簡単というわけではありませんが・・・

古典大系 8100 珊瑚模型
集台枠、シリンダー、ギアボックスの基礎はメーカーで組み上げているキットですので、ボディの組み上げを楽しめるキット内容となっています。全軸イコライジング機能が付加されているようです。

古典大系 8100 珊瑚模型
ボイラー、ランボードパーツです。水平を保ったまま設置するのが苦労しますが、精密なキット構成になっておりますので、バッチっと合わせると秀逸なモデルになっていきます。

古典大系 8100 珊瑚模型
古典大系 8100 珊瑚模型
バックプレートはこのまま使用しても、いいかと思いますが、少しディティールアップすると全く違ったキャブ内になります。

古典大系 8100 珊瑚模型
明治の機関車らしくゴツっとした煙室扉です。

阪急920 950=マッハ模型=16番 1/80=製作②-2/4両 オリジナル

阪急920 950 マッハ模型
阪急920 950 マッハ模型の製作です。

4両分を組み上げてと構想しておりましたが、2両ずつの製作とすることにしました。
組み上げる過程のパーツ変更、追加を実施するモデルと、キット内容や1つ1つのパーツのディティールの精密さから、当時のマッハ模型さんのモデルのオリジナルモデルとなるように製作をしてみようと思います。

こちらは最初の2両、まず、マッハ模型さんのオリジナルモデルをそのままのパーツを組み上げて製作をしていきます。
ロスト製のおでこ(車輛前後)をはめ込み、合わせて屋根設置後、雨樋を0.2mmの溝に差し込んで、表側からハンダを流していきます。

阪急920 950 マッハ模型
ランボードは動力車の920だけではなく、将来の動力化を見越して、阪急が付随車の950にもランボードを設置していました。

ランボードの脚は左右で高さの違いがあり、屋根の曲面に沿って真っすぐにランボードが設置できるようなパーツ構成です。
よくよくみると、微妙に脚の高さが一つずつ違います(笑) 気にせずそのまま設置して、設置後実際に屋根上に置いてみて微調整をしていきます。

細かな、左右の脚の長さの違うランボードの脚を図面に合わせて1つづつハンダしていきます。
阪急920 950 マッハ模型
阪急920 950 マッハ模型
図面を見て、位置決め、高さ調節をして一気に止めていきます。
エッチングを使用せず、真鍮帯板を曲げて設置するランボードは設置は大変ですが、横からの見た目が脚に丸みがあり、私は個人的には好きな感じです。

阪急920 950 マッハ模型
手前が電動車の920 奥が950 パンタ周りには配管をしていきます。

阪急920 950 マッハ模型
ランボードがのると一気に実車感が増してきます。


ブログ内記事検索
カテゴリ
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (3)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村