FC2ブログ

79618=珊瑚模型=16番 1/80=リファイン完成

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 仕掛品のリファインが完成しました。

パーツの変更・追加、各部の修正を行い珊瑚模型製キットの特徴である精密でシャープな仕上がりを目指し製作しました。

79618 珊瑚模型 リファイン
動力の調整や、キャブや各パーツの水平取り付けがとても難しい珊瑚模型のキットですので、おかしな部分は一度全てバラし再度組み直し、その際にパーツの追加・変更を行いました。
仕上がりはとていい雰囲気にまとまりました。

79618 珊瑚模型 リファイン
パイピングも径の変更・追加も行い、79618の特徴である重装備・複雑なパイピングを表現しました。

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン

79618の製作記はこちらから

■車両・スケール
車両:79618
スケール:16番 1/80
メーカー:珊瑚模型

79618=珊瑚模型=16番 1/80=完成

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型が完成しました。

2つ目が特徴的なこの車両は重装備で複雑なパイピングがとても特徴的な車両です。

79618 珊瑚模型
複雑なパイピングの全体像です。
キットでは表現されていなかった作用管等、追加パイピング等も施工してより立体的で重装備な79618になりました。

79618 珊瑚模型
キャブ内にもパイピングを引き込みをしてディティールアップをしています。

79618 珊瑚模型
ランボード下のパイピングも追加してより重厚感のある仕上がりを目指しました。
各継ぎ手、配管支え等もパーツ交換、追加をして立体感のあるシャープな仕上がりにしました。

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
キャブ内も作りこみをしてディティールアップしています。

79618 珊瑚模型
少し見えにくいですがキャブ屋根裏もスジメ板を使用して塗装色も変更して仕上げています。

79618 珊瑚模型
ブレーキ引き棒も設置し横からチラリと見える引き棒の質感がでておりとてもカッコいいです。

79618 珊瑚模型
テンダー車も同様になっています。

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
テンダー車もパイピング追加、暖房用ホース追加をしておりいい雰囲気になっています。

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
部分的に布巻きパイプを使用して質感を変えることにより立体感が増しています。

79618 珊瑚模型

79618の製作記はこちらから

■スケール・モデル
車両:79618
スケール:16番 1/80
メーカー:珊瑚模型

■使用パーツ
テンダー取水ハンドル※1187 エコーモデル
締切コック 珊瑚模型
スジメ板※956 エコーモデル
機炭間配管※416 金岡工房
給油コック※170 金岡工房
細密パイプ エコーモデル
作用管支え※1本 エコーモデル
作用管継手 エコーモデル
配管支え ピノチオ
配管支え※1132 エコーモデル
エアホース鎖※347 金岡工房
機炭間配管先端※0.8 金岡工房
LEDパーツ一式 複数メーカー
継ぎ手 サカツウ
線材※0.5×0.2 KS
架線注意板 IMON
L型継ぎ手 エコーモデル

9600(79618 倶知安)=16番(1/80)=修正・加工=完成

9600(79618 倶知安)
9600(79618 倶知安)の加工・修正が完了しました。
ヘッドライト下、デフ横に【架線注意】のプレートを設置し、特徴的な2つ目ライトは点灯加工済みです。

9600(79618 倶知安)
塗装を一度剥離し、再塗装をしています。つや無の塗装を施工しています。クリアーもつや無での塗装となっています。

9600(79618 倶知安)

9600(79618 倶知安)

9600(79618 倶知安)
テンダー車、ハシゴ上部には実車通り、【架線注意】のプレートを設置し、テンダー車ライトも点灯加工済みです。

9600(79618 倶知安)

9600(79618 倶知安)
一部パイピングを追加しています。

9600(79618 倶知安)
ドロダメはピノチオ製に変更して質感を高めました。少しのパーツ変更でぐっと違ったモデルに見えます。

9600(79618 倶知安)

9600(79618 倶知安)

9600(79618 倶知安)

■スケール 16番(1/80)
モデル:9600(指定番機 79618 倶知安)

■修正・加工内容
・塗装剥離・再塗装
・電飾加工(ヘッドライト・テンダー)
・車両前面、手摺修正
・デフ曲がり修正
・パイピング追加
・パーツ変更
・動力調整
・ブレーキテコ装置・テンダーブレーキを追加加工

9600=重装備=珊瑚模型=HO=カスタム=真鍮製

CIMG8243[1]

9600珊瑚模型、重装備、フルカスタムです。

CIMG8245[1]

珊瑚のパイピングに自作でもパイピングを足しています

CIMG8247[1]

重厚感をイメージして製作

CIMG8252[1]

CIMG8253[1]

CIMG8276[1]

キャブ内も作りこみです。

CIMG8272[1]

CIMG8254[1]

CIMG8268[1]

CIMG8269[1]

CIMG8274[1]

重装備をすることにより、重厚感があるモデルになりました。

ベースキット:珊瑚模型キット組み
素材:真鍮製
スケール:HO
カスタム:有り
販売価格:\95,000-にて販売済み

9600=珊瑚模型=ディティールアップ=HO=真鍮製

CIMG3857[1]

珊瑚模型のパーツは線が細く精密です。

CIMG3870[1]

CIMG3867[1]

台車のロストパーツも立体感があり素晴らしいと思います。

CIMG3863[1]

CIMG3860[1]

CIMG3861[1]

以前にアップした記事の追加写真でした
ブログ内記事検索
カテゴリ
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (3)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村