FC2ブログ

C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品 製作④

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65号 KTM ゴールドラベル 工房特製品の製作記です。

動輪廻り、ブレーキシューを設置していきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ブレーキパッド等の質感はいい雰囲気ですが、一度設置しましたがやはり引き棒も入れてもう少しディティールをアップが必要な部分かと判断し別パーツに変更をする事にしました。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
こちらは交換まえの画像でえす。
真裏の部分で確かに見えない部分ですが、私どもはここは力を入れてディティールアップをしていきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ブレーキシュー、引き棒を設置しこの形で仕上げる事にしました。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
動輪の間にはブレーキシュー、砂撒き管が降りてきており、動輪に触れそうですが、接触してショートしないよう調整をしていきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
灰箱したには灰戸作用椀(曲がって見えるパーツ)を設置(金岡工房さんパーツ)を設置し精密な下周りを表現しています。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
横から見た状態です。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ボディを乗せただけの状態です。この後、上下を合わせ動作確認をし仮組みを行います。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ天窓はスライド式に加工をしました。フィンを1枚づつ設置しスライド分のレールを自作、スライド式の天窓に加工しています。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
非公式側です。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ下配管エンドには機炭管配管を設置し(金岡工房さんパーツ)ディティールアップをしております。
キャブ斜め右したに見える丸い機器は、チリコシです。チリコシをつなぐ配管は六角型継ぎ手でパイピングを各節に分けて留めています。この継ぎ手は各所で各サイズを使用しパイピングのメリハリを付け、かつ精密度を上げています。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ周りのパイピングも蔦がからまるように実車は施工されておりましたので、実車の画像を見ながら設置していきました。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ランボード横に、お客様からのご要望で後進用の列車暖房配管と前梁下の暖房用配管を設置致しました。
確かにこの姿もメカニカルでいい雰囲気です。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

このあと、塗装の為、脱脂洗浄を実施します。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
脱脂洗浄を終え、ピカピカの生地の状態に戻りました。水気をよく切り乾燥させていきます。

本体はパイピングがぎっしりでブラシを入れて洗うのは困難ですが、少しづつ、ブラシを変えながら、優しく丁寧にブラシを使いながら洗っていきます。蒸気モデルは洗浄に通常の車輛よりも3倍くらい時間が掛かります。
洗浄不足はその後の塗装作業の塗料の付着を阻害する大きな要因の一つとなり得ますので、じっくり、丁寧に時間を掛けて洗浄していきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
テンダー車

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
分解できるパーツは分解して、こちらも一つづつ丁寧に洗浄していきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
メインフレームもピカピカです。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

乾燥し次第、プライマーを塗布していきます(ミッチャクロンを原液のままブラシで吹き付け)

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
黒の塗装は艶の状態を変える事により黒ひとつの色でも艶の表現一つで塗装面に違いを持たすことが出来、コントラストにして立体感を出して行きます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品 製作③

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
C57 65 カツミ ゴールドラベルキットベース 工房特製品の製作記です。

テンダーを組み上げている中です。65号機の実車のテンダー画像と見比べて表現方法を考えディティールアップしていきます。
リベットは表現がありませんでしたので、金岡工房さんの六角リベットを1ほんずつ打ち込みました。

増炭枠は4隅を囲われていますので、鈴木工房さんの質感の高いロストパーツを2両分使用して表現しました。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
テンダー妻面です。各締切コックを追加しました。ATS中継箱等はこれから設置予定となります。

また、その下に見えるエッチング表現の道具箱の扉も一工夫してヒンジ(金岡工房さんパーツ)取っ手を設置して扉の質感を変更予定です。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
テンダー上部から、増炭枠を抑えている保護棒は自作で製作しております。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
テンダーのライト類の設置前の画像です。テールライトは片側だけ設置されてパーツとの親和性を確認しています。
問題なさそうですので、このまま設置していこうとおもいます。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
ライト類を取り付けました。
テンダーテールライト(エコーモデルさんパーツ)、テンダーヘッドライトは大型のLP403(珊瑚模型さんパーツ)に変更しています。
配電パイピングはエコーモデルさんの配電管(二方、三方型)を組み合わせて分配しています。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品


C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
各台車(先台車 テンダー台車)を組み上げました。一部加工をこの後、実施しディティールアップをする予定です。
とても立体感のある台車です。このままでもカッコいいです。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
テンダー床板もこの後各パイピングをもう少し追加予定です。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
前面の傾斜部のステップはエコーモデルさんのパーツに変更しました

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
公式側全体画像です。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
ダブルコンプレッサーは右側に消音器を取り付けました。コンプレッサーの右上ランボード上の調圧器はパイピングの質感を変えています。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
ドロダメの後ろ側には消煙器を設置して実車通りに追加加工しました。
タブレットキャッチャーも追加で設置しています。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
キャブ天窓部分は可動式にするべくのパーツを加工中です。
天窓分はスライドして動くとキャブの中が見えますので、とてもいい加工部分だと思います。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
キャブの窓から見える、バックプレートの各機器がいい雰囲気です。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
バックプレートも加工を済ませ設置済みです。左上に見えるのは汽笛引き棒からのパイピングが繋がっておりキャブ内に表現をしています。
一番左側に見えるのは逆転コックです。こちらはニワさんパーツを追加 その他、操作系各コックを追加しています。
運転士席右にノッチを追加して重厚感のあるキャブ内になりました。こちらはエコーモデルさんパーツを使用しました。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
キャブ吊環はエコーモデルさんパーツを使用しました。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品


C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
非公式側全体画像です。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
雨樋の留めはニワさんのロスト製の質感の高いパーツに変更をしました。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
ATS発電機とその配管を施工しました。配管は配電管継ぎ手を使用して分配してパイピングの質感を高めています。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
キャブ屋根には発電機のマフラーを表現しました。
キャブ周りパイピングも複雑になってきました。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
オイルポンプには金岡工房さんのパーツを使用し質感を上げています。

門デフの上には
C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
リンゲルマン濃度計(鈴木工房さんパーツをベースに加工)を設置し九州型の特徴を表現していこうと思います。

C57 65 KTMゴールドラベル 工房特製品
こちらは加工途中のキャブ天窓です。







C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品製作②

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品の製作記です。

空気作用管を設置し、キャブ内に引き込んでいきます。キャブ内に引き込むジョイント部、キャブユニオンは金岡工房さんのパーツを使用しています。
洗口栓はニワさんのパーツへ変更しディティールアップをしています。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
給水ポンプは大きく目立つパーツですので、立体感のあるパーツに変更をすることがおおいのですが、このKTMさんのキットに入っている給水ポンプや逆側に付くダブルコンプレッサーはとても立体感があるロストパーツでしたので、あえてこのままのパーツを使用して、KTMさんのキットの特徴を残す形にしました。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
非公式側全体像です。まだまだ、これからオイルポンプや発電機、そしてそのまわりのパイピングと追加されていきます。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
公式側には逆転棒を設置、キャブは仮留めをして全体のバランスをみてパイピングは配管留めをしていきます。

DSCN8758_s.jpg
バックプレートを組み上げた状態です。このクオリティのバックプレートがキットに標準パーツとして入っているというのは驚きです。
こちらももう少し加工していこうと思います。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
別角度からです。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
こちらは上述しました、ダブルコンプレッサーです。標準パーツでこのクオリティ、そしてこのキットは90年代のキットである事を考えると凄さを感じます。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
コック等の表現もきっちりとされており、とても精密です。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
取り付け座は別パーツに交換しています。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
ドームの端の方にツノのように見えるのは排砂管というパーツです。こちらも追加加工をして表現をしていきます。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
ドーム右横の逆止弁からは布巻きパイプを設置していきます。パイピングの太さや設置方法、そして出口(端)をどうするかは各機種によっていつも悩む部分ではあります。どのように表現をすれば、特定番機に近づけるのかを作り込む最初から考えてはいますが、その都度全体のバランスをみて、どの径のパイピングをどうつなぐかは決めているというのが本音です。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
公式側全体です。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
発電機を設置しキャブ周りのパイピングも少しづつ全体のバランスをみて設置していきます。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
下周りに従台車、灰箱を設置していきます。KTMさん独特の設計です。通常は灰箱はボディ部に設置することが多いですが、KTMさんは下周りに設置していくという手法をとっています。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
従台車はとても奥行きがあります。パーツのカーブ曲線がとても綺麗にでていて、奥行きもあります。この角度からみるととてもよくわかります。動輪と一緒になるとその存在感がよくわかります。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65号機は門デフの中でも唯一K5という形のデフをまとっていました。特急専用で綺麗に化粧をされて走行していた姿はとても美しかったと思います。

門デフK5はフレームが曲線になっています。なかなか曲線フレームがありませんでしたので、左右対称になるように実寸で計り、自作しました。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
フレームとデフです。デフ自体もなめらか曲線がある作りが特徴のデフです。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
ボディに設置した姿です。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
公式側、非公式側とK5のデフを設置した姿と、ランボード下等パイピングを追加していく過程の65号機になります。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
キャブ側には清缶剤挿入装置を設置しパイピングをつないでいきます。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
ランボード上のオイルポンプは金岡工房さんのパーツを使用しました。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
仮組みではありますが、上下を一度合わせてみます。水平を出すのが難しい蒸気モデルです。少しでも手を抜くと全く仕上がりませんので妥協せず水平を出して行きます。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
キャブ下パイピング追加、パイピング端には金岡工房さんのパーツを使用しています。ドロダメ奥に見えるラッパ型の形は九州型の特徴で65号機にも設置されていた消煙器(エコーモデルさんパーツ)を設置しています。

C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品
C57 65 KTMゴールドラベルベース 当工房特製品

C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品製作①

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
カツミさんのとても珍しいキットをベースに門デフを装着したC57 65号機の製作ご依頼を頂きました。

キットがとても珍しく、KTMさんのOJスケールのモデルをそのままリスケールしたモデルで、1990年代にC12 C56 そしてスーパーシュパーブC51 D51と発売されたシリーズです。私はD51までかと思っておりましたが、、C57もコールドシリーズがあることを知りませんでした。
当時の価格でC51は約16万円、その他のモデルも10万円を下らない価格でした。しかもキットの価格です。

蒸気モデルのキットとして現代のキットにも全く負けない程の、精密かつ美しいロストパーツが付属しているキットです。
組み上げた姿は端正かつシャープな雰囲気を持つモデルかと思います。
そのベースキットのパーツを変更、加工、追加をしてより雰囲気のあるオンリーワンのモデルを製作していこうと思います。


C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
コールドシリーズの特徴の大きな図面と説明書です。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
お持ち込み頂きました元キットは当時のままの状態を保たれており素晴らしいです。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
門デフはK-5を装着していたようですので、パーツ選定をしていきます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
門デフはあまり御座いませんが、例えばこのようにKSモデルさん、アダチさんんで比較をしてもにているようで似ていない、勿論D51タイプ、C55・57でのパーツの相違はあります。KSモデルさんのパーツがK-5の門デフのサイズにドンピシャでしたので、こちらのパーツを選択していこうと思います。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
早速、ボディ周りを製作開始していきます。
ドームは今回はとてもいい質感ですので、こちらを使用していきます。
砂まき管元栓はキットは2本の表現ですが、製作モデルは3本に改装されていますので実機どおりもうひとつ設置していきます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
洗口栓はニワさんのパーツに変更しています。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ニワさんのパーツのほうが立体感がありました。全体のバランスを考えこちらのパーツを使用します。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
主台枠はとても繊細、且つシャープな作り込みです。現在でもこのレベルの作り込みをしているキットは無いかもしれません。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
バルブギアもパーツの質感がとても高く、繊細です。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作


C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ランボードを設置していきます。キャブは仮留めの状態です。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ランボード上の点検蓋等もきっちりとロストパーツで表現されており、上から眺める機会の多いモデルですので、ランボード上の表現がされているモデルはまた一味違ったモデルに見えると思います。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
ランボードにリベットを打ち込みました。使用したパーツは金岡工房さんの六角リベットです。頭径は0.5 軸径0.4を使用しています。

また、ドーム左横に見える、逆止弁の座(四角い板)部分にも同様にリベット表現をしていきます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
キャブ前面ドア部の扉表現がされていますが、ヒンジ(金岡工房さんパーツ)をいれドアの表現も立体的にしていきます。
ドア横に見えるのが空気作用管が通るキャブユニオン※0.4径(金岡工房さんパーツ)を設置しています。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
この角度からですと、打ちこんだリベットの表現がよく見えます。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作

a href="http://factory-yyk.com/img/DSCN8742_s.jpg/" target="_blank">C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
空気作用管を作ります。継ぎ手はサカツウさんのパーツを、空気作用管押さえは金岡工房さんパーツを使用します。

C57 カツミゴールドラベルベース 当工房特製品製作
空気作用管を設置していきます。ドームの方に伸びて入っている部分は、砂まき管元栓の下でT型継ぎ手を設置し元栓につないでいます。とても細かな部分ですが、精密表現の部分ですので力を入れて製作していきます。

古典大系 8100=珊瑚模型=16番 1/80=製作①

古典大系 8100 珊瑚模型
珊瑚模型の古典大系 8100の製作をしていきます。
明治時代にボールドウィン社で製造され、輸入された古典機です。

古典大系 8100 珊瑚模型
図面でみると小さなボディですが、当時の東海道線の箱根越えを補助していた機関車です。

シンプルながらも力強い走りを見せていた機関車です。

古典大系 8100 珊瑚模型
テンダー車軸は図面のようなユニークな形状です。
珊瑚模型の蒸気機関車はどのモデルも動力の調整、ランボード、キャブとボイラーの水平設置に苦労し、そして大型機になると空気作用管、各種パイピングの施工等、精密に組もうとすると中々、組み上げ完成迄が大変なモデルかと思います。
実際にその苦労もある為、完成したモデルは秀逸となり、また愛着もわき、所有する喜びが高いモデルになるかと思います。

組み上げに苦労する珊瑚模型さんの各キットは着手したものの、途中で諦めてしまったり、うまくいかなかったりと放置されることも多々あるモデルです。
いきなり大型機を組み上げていくのは難しいともおもわれます(いきなり出来てしまう方もいるかと思いますが)ので、珊瑚模型さんの古典大系シリーズは、蒸気機関車の基礎的な部分が盛り込まれた上に、シンプルなモデルとなっているので、このシリーズから珊瑚模型さんのキットに慣れるということでは、とてもいいモデルかと思います。
古典大系は小さなボディですので、勿論製作がとても簡単というわけではありませんが・・・

古典大系 8100 珊瑚模型
集台枠、シリンダー、ギアボックスの基礎はメーカーで組み上げているキットですので、ボディの組み上げを楽しめるキット内容となっています。全軸イコライジング機能が付加されているようです。

古典大系 8100 珊瑚模型
ボイラー、ランボードパーツです。水平を保ったまま設置するのが苦労しますが、精密なキット構成になっておりますので、バッチっと合わせると秀逸なモデルになっていきます。

古典大系 8100 珊瑚模型
古典大系 8100 珊瑚模型
バックプレートはこのまま使用しても、いいかと思いますが、少しディティールアップすると全く違ったキャブ内になります。

古典大系 8100 珊瑚模型
明治の機関車らしくゴツっとした煙室扉です。
ブログ内記事検索
工房特製品、修理品等【完成画像】
過去製作した工房特製品、修理品、委託品の完成画像を車両ベース毎に掲載しています。
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (4)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村