FC2ブログ

ED75=KTM=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製完成品リファイン 完成

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
カツミのED75です。画像ではそうでもないですが、塗装状態が悪く、ザラっとした地肌になっており、惜しいモデルになります。

ディティールも細かな部分まで、表現はされていませんが、ED75という短い車輛の機関車のフォルム、走行を楽しむモデルにはいいモデルです。

今回は、塗装をいちどはぎ、再塗装をします。ボディウェザリングを実施し今の状態とは違ったモデルとして、飾ってよし、走らせて楽しまれてもよしのモデルリファインをして、工房特製完成品リファインとして完成形を目指して製作してこうと思います。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
動力部分です。見ての通り、モーター、ギアと見た目も綺麗です。勿論、稼働具合も好調で問題御座いません。
油差し、その他、動力調整をして、走行チェックをいたしました。


KTM ED75 工房特製完成品リファイン


KTM ED75 工房特製完成品リファイン
屋根部の塗装状態はボディ部よりもさらに悪く、ザラっとした塗装状態になっており、塗装膜も不熱くみえ、折角の屋根上がもったい
ない様相です。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
屋根上の機器、ガラス等、ボディから取れるパーツは全てとります。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
スカート、パンタ部

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
遠目だとそうでもないですが、近くで見るとこの通りの塗装状態です。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
スカート部に再塗装をし、各箇所に色入れをします。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
再塗装をしたボディ部です。赤の色ももう少し黄色かかった赤に変更して塗装していきます。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
KTM ED75 工房特製完成品リファイン
屋根上のヒューズをつなぐ線がいつも少し太いかなと思っていましたので、交換しました。こちらは交換前の画像

KTM ED75 工房特製完成品リファイン


KTM ED75 工房特製完成品リファイン
ED75 工房特製完成品リファインの完成です。
ウェザリング仕様となっており、働くED75の姿もいい雰囲気かと思います。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
台車枠は色入れ、フラットブラック、ブラウン等をしようして、軽くウェザリングしました。足元の立体感が増し、見映えがよくなりました。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
ヒューズ箱をつなぐ線も先程明記した通り、いつも太すぎるのではと考えていましたので、細いもの交換して、屋根上のシャープさを表現するのに役にたっています。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン
パンタ、もエナメル塗料を各箇所に入れ全体のバランスをみて完成させました。

KTM ED75 工房特製完成品リファイン


ED75 KTM
電飾をLEDにて設置しました。ヘッドライト、テールライト点灯加工しております。

ED75 KTM

続きを読む

EF10=ムサシノモデル=16番 1/80=修理 完成

EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル 修理が完了しました。動力が不調でしたので、メーカーよりギアを取り寄せ交換をしました。

台車からギアボックスを取り外し、ギアを交換する作業は精密なパーツを使用しているムサシノモデルさんのモデルですので、以外と大変な作業です。

丁寧に1つ1つパーツをバラして組み替えを施工していきます。

EF10 ムサシノモデル
動作も快調になり、リフレッシュされたEF10です。

DSCN7449_s.jpg
屋根上、デッキ、ボディ、そして立体感のある台車とどこから眺めても美しいフォルムを持っているのがムサシノモデルさんの各モデルの特徴です。
DSCN7450_s.jpg
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル
EF10 ムサシノモデル

【スケール・車両】
車両:EF10
スケール:16番 1/80
メーカー:ムサシノモデル
備考:動作不良の為、ギア交換

ED17 2=ムサシノモデル=16番 1/80=リファイン完成

ED17 ムサシノモデル
ED17 2号機 ムサシノモデル リファインが完成しました。

ギアの調子が悪く、動力をリファインしヘッドライトを点灯加工しました。ヘッドライトはLEDに加工し動力とともにリファインしましたので、今後も末永く走行出来るようになりました。

ED17 ムサシノモデル
台車からバラして、ギアをムサシノモデルさんの純正品に交換し調整をしています。

ED17 ムサシノモデル
グリスを塗りスムーズにギアが動くように出来るだけ調整しています。
車輪等をみても走行過多なモデルではなく、ほぼ未走行のモデルかと思います。経年劣化に対して必要な交換部分の最たる部分のギアを交換済みです。

ED17 ムサシノモデル
ED17 ムサシノモデル
ED17 ムサシノモデル
ED17 ムサシノモデル
ボディ部、台車部等大きな塗装のハゲはなく、小さなハゲの部分は全て修正しました。またヘコミ等は見られませんでした。

ED17 ムサシノモデル
ED17 ムサシノモデル
ED17 ムサシノモデル
ED17 ムサシノモデル


■スケール・車両
車両:ED17
スケール:16番 1/80
メーカー:ムサシノモデル

EF66=ムサシノモデル=1/80 13mm/修正完了

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
ムサシノモデルEF66 13mm 修正が完了しました。画像は修正完了後の完成画像です。

ご依頼は16.5mmの台車から13mmの台車に変更と、屋根上塗装の修正です。

ムサシノモデルのモデルのフォルム、佇まいはどの機種も雰囲気があります。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
こちらが修正前の屋根上の状態です。何かをこぼしたのか、溶剤を間違えて塗ったのか塗装が悪くなっており、修正の為にヤスリをした状態でした。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
青部分の右側下にも塗装膜の状態がおかしい部分がありましたので修正をしていきます。

ひたすら、耐水ペーパーでならし、少しづつ塗料を載せていく地道な方法を選択しました。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
途中経過です。大分綺麗になって来ました。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
クリアーを載せてフィニッシュです。出来うる限り綺麗にしました。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
上回りはムサシノモデルさんの中でも少し古いモデルですが、やはり拘りを持ち設計されたモデルが持つ、存在感のある佇まいです。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
台車枠を16.5mmから13mmに変更の際に内部の集電ブラシを変更してあります。動作もスムーズに動くようになりました。
ファインスケールの13㎜台車もカッコイイですね。

EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80
EF66 ムサシノモデル 13mm 1/80


■モデル スケール
車両:EF66
スケール:1/80 13mm
メーカー:ムサシノモデル

EF66 52号機(クーラー付き)=ムサシノモデル=16番 1/80=修理 完了

ムサシノモデル EF66 クーラー付き 16番 HO
ムサシノモデル JRF EF66-52 (更新車クーラー付 52号機)の修理のご依頼を頂きました。
運転台上に乗った小さな箱がクーラーです。他の66とは異色の更新車両です。


パンタの修正(一部曲がり)中間台車ピンの外れ、異音がするという事でしたので早速、ゆっくりと箱から出して走行テストをします。

裏にひっくり返し、中間台車を見てみると、何かが外れた様子がみられました。
走行自体はとてもスムーズでした。

走行中も何かに干渉したような異音がしましたので、中間台車をまず動かないようにピンを自作してとめます。

ムサシノモデル EF66 クーラー付き 16番 HO
他に干渉している部分も無いようでした。ピンを差し込んだ部分を台車枠と同色で塗装を施工しました。
何故か台車枠梁(ピンの周り)に汚れらしきぶつぶつが付着していましたので、ペーパーでこすりぶつぶつを除去して再度走行テストをしてみると、異音もなくなりました。

ムサシノモデル EF66 クーラー付き 16番 HO
パンタのシューのゆがみが一部見られましたので少しづつ丁寧に元の形にしていきます。

ムサシノモデル EF66 クーラー付き 16番 HO
とてもいい雰囲気です。台車の立体感はいつも感心します。

ムサシノモデル EF66 クーラー付き 16番 HO
走行テストをしパンタを修理し、また元通り箱に戻しお渡し致しました。
完成度の高いモデルを元通りに戻すことができお客様にも喜んで頂きました。



検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村