FC2ブログ

クロ157 貴賓車=KSモデル=16番 1/80=製作②

クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデルベースの製作です。内装の家具類を設置して全体のバランスを見ます。

クロ157-1 KSモデル
洗面所の洗面台、トイレは真鍮で自作しました。ドアも設置して内装もいい雰囲気にまとまりました。

クロ157-1 KSモデル
貴賓室の床のじゅうたんの表現には苦労しましたが、いい材質の素材がありました。

クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
ボディ部も完成しましたので、塗装を初めていきます。

クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
下地処理はグレーを塗装していきます。

クロ157-1 KSモデル
へこみや深い傷、ほこりなどが付着した際は耐水ペーパー600~1000番を利用してボディ部がなめらかになるまで繰り返して行きます。最終的にはこの時点では1000~1200番くらいで整えていきます。

クロ157-1 KSモデル
ボディ基本のクリーム色を塗装し赤色(調合色)をのせていきます。

クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
修正部分があったら修正をして、クリアー塗装をしていきます。

クロ157-1 KSモデル
一度クリアーを塗装し乾燥後、表面をなめらかにしてインレタを貼り付けていき、ボディを1000~1200番の耐水ペーパーで研いでいきます。その後、再度クリアーを塗装していきます。何度かこの作業を繰り返します。

クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル
クロ157-1 KSモデル

クロ157 貴賓車=KSモデル=16番 1/80=製作①


クロ157-1は皇室の方の移動や外国からの来賓客用の貴賓車として昭和35年に製造した車両です。
現在も田町電車区からは移動になりましたが、現在も車籍を有する車両です。

登場時はクモハ157・モハ156-1が牽引し、クロ157-1を後部に連結した3両編成で運転していました。
電気系統の故障してしまい、中間車に組み込まれその後は、運用されていました。

登場時は準急色である朱色に近い赤とクリーム色の組み合わせでしたが、後に特急色であるこい赤色とクリーム色に変更、直近では185系200番台に組み込まれた為、アイボリーと緑帯に大きく塗装色を変更しました。

今回は登場時の準急色から特急色に変更になったモデルを再現していきます。

貴賓車の特徴はやはりその内装です。桃山時代をイメージした内装になっていたそうです。

クロ157 KSモデル
車両のベースとなるキットはKSモデル製になります。

車両前面の貫通扉の表現が甘く、追加パーツにて実車と同じフォルムになるように製作していきます。

クロ157 KSモデル
車両の前面、妻面、ドアを設置して箱型にしていきます。

クロ157 KSモデル
クロ157のドアは特徴のある4枚折戸になっています。

クロ157 KSモデル
車両前面の貫通扉の表現もうまくいきました。

クロ157 KSモデル
車両に各部のパーツを取り付けていきます。この後の塗装を考慮して取り付けていきます。
また、車両横のサボは立体感が少し足りなかったので、お客様と相談後、車両から削りとり新しいパーツを設置しました。
小さなパーツの部分の変更ですが、このようなパーツの変更や追加が車両完成時の仕上がりの雰囲気に大きく関わって来ますので、車両製作前の製作設計は大切です。

クロ157 KSモデル
妻面側もキットの素組みですとつるつるの状態でした。画像をなんとか探し出し作り込みを行っていきます。縦の雨樋とステップを設置していきます。

クロ157 KSモデル
クロ157 KSモデル
今回の車輛は貴賓車ということもあり、内装が大きな特徴を持つモデルに仕上げていきます。
内装の設置設計を今までとは変更していこうと決め、その企画と技術反映に時間はかかりましたが、製作に入っていきます。

クロ157 KSモデル
仕切り板を図面に合わせて取り付けていきます。
しかし、、この状態で車両に設置をしていくと、車両側面の内装壁と各室内装備品との間にアングル分の隙間が生まれます。
そこを今回は極力なくしていくこと、内装装備品への拘りを企画して製作をしていきます。

クロ157 KSモデル
床板は各仕切り毎に実車と同じく変更していきます。

クロ157 KSモデル
図面をコピーし、各装備品の設置をしていきます。

クロ157 KSモデル
今回はこのような大変珍しい、当時の内部カラー画像が掲載されている・・・

クロ157 KSモデル
こちらの資料をお客様からお借りすることができました。各装備品の色や、そのコンセプトなど文面も充実しており、モデル製作に大変役立ちました。

クロ157 KSモデル
車両に戻り、よくよく各資料を読み込んでみると、ラジオが設置されており、屋根にはラジオアンテナが設置されていたようです。
そこで、自作で製作をして設置しました。

クロ157 KSモデル
床下機器も設置して床下の追加パーツを製作していきます。

クロ157 KSモデル
妻面各パイピングは自作で製作をしていきます。なかなか画像がなくこの部分の車輛画像を調べるのが大変でしたが、とてもいい雰囲気になりました。

クロ157 KSモデル



マイテ39=ニワ模型=16番 1/80=リファイン

マイテ39 ニワ模型 リファイン
国鉄の展望車として知られているマイテ39 ニワ模型のリファインです。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
こちらが施工前の状態です。今回は塗装を剥離し再塗装し床下パイピング追加加工、室内追加加工、室内灯設置等多数のリファインをしていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
施工前の床下です。機器も一つ外れておりまたパイピング等が無い状態でした。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
各パーツをばらしていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
ボディ・屋根・床下・台車・展望台とばらしていきました。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
こちらがインテリアの状態です。仕切板の色も少し違うようです。床下の色も変化が無い為全てバラして再塗装をしていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
塗装剥離後の画像です。ハンダが出ている個所等はハンダを取り除いていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
床下パイピングを追加しました。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
細かな作業ですがひとつづつ重ねていき、精密な床下パイピングを目指して施工していきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
施工前と全く雰囲気の違ったモデルになりました。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
床下部分のパイピングを終え、再塗装をしました。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
いい雰囲気です。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
内装ソファーパーツも汚れが目立ちましたので再塗装をします。一部ソファーが足りない個所がありましたのでソファーパーツを追加していきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
室内の様子はこちらの資料を参考に製作していきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
図面で室内の様子が非常に解りやすく明記されていますので実車通りの室内を製作することができます。
仕切り位置迄ばっちりと明記されています。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
室内パーツの塗装が完了です。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
仕切りパーツ、床下を塗り分けてこの後各パーツを設置してきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
ボディ部の際塗装後です。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
天井周りもよく見えますので色を内装色と変えていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
カーテンの設置をしますのでカーテンの塗装をしていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
ボディ部に各標記を貼っていきます。

マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
マイテ39 ニワ模型 リファイン
床下機器に色入れをしていきます。
ぐっと雰囲気がかわりました。

マイテ39 ニワ模型 リファイン

内装にはもう少しカウンター等を設置する為もう少し手を入れていきます。


Sacramento Northern Railway bidwell=つぼみ堂=16番(1/80)=リファイン製作④

Sacramento Northern Railway bidwell
サクラメントノーザン鉄道 bidwellの製作です。
車両ヘッドマークを貼り付けました。

サクラメントノーザン鉄道 bidwell
デカールがずいぶん古いものという事でしたので、新しく製作をして頂き手元に届きましたので貼り付けました。

サクラメントノーザン鉄道 bidwell
サクラメントノーザン鉄道 bidwell
デカール貼り付け後、手摺等細かな色入れをしクリアー塗装を終了したところです。
この後は乾燥に入り、窓ガラス等を設置しボディ部は完成となります。

最後に室内を製作し組み入れていきます。

Sacramento Northern Railway bidwell=つぼみ堂=16番(1/80)=リファイン製作③

Sacramento Northern Railway bidwell
Sacramento Northern Railway bidwellのリファイン製作です。内装の仕切りを資料は少ないですが、図面を元に製作致しました。

Sacramento Northern Railway bidwell
ドアも設置し質感を高めていきます。

Sacramento Northern Railway bidwell

Sacramento Northern Railway bidwell
ソファのパーツです。

Sacramento Northern Railway bidwell
車内に設置した状態です。テーブルを設置して雰囲気を出します。
えんじ色で塗装した丸い椅子は展望スペースに設置する椅子です。

Sacramento Northern Railway bidwell

Sacramento Northern Railway bidwell

Sacramento Northern Railway bidwell

Sacramento Northern Railway bidwell
ボディに合わせるた状態です。

Sacramento Northern Railway bidwell
検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村