FC2ブログ

京急旧1000形(1351・1356)=谷川=16番 1/80=完成=201711

京急旧1000形 谷川
京急旧1000形 谷川キット組みが完成しました。

車両前面貫通扉は開閉式にしています。

京急旧1000形 谷川
台車は1351・1356が最後迄履いていたTH1000Tに交換しています。

京急旧1000形 谷川
床下機器にはパイピングを施工してチラリと見える配管を楽しめるようにしています。

京急旧1000形 谷川
インテリア(室内シート・吊革・運転台・運転席)を設置しています。

京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川
パンタ車の1351です。

京急旧1000形 谷川
貫通扉が開いた状態で運転台がチラリと見えるように設置をしています。

京急旧1000形 谷川
送受信アンテナはKTMのロストパーツに変更 パイピングは自作です。

京急旧1000形 谷川
パンタ廻りの機器及びパイピングを施工して、屋根上の見栄えを良くして模型として上からの目線で楽しめるようにしています。

京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川
京急旧1000形 谷川
床下も一部自作パーツで実車と同じような使用を目指して製作しています。

京急旧1000形 谷川


■車両・スケール
車両:京急旧1000形(1351・1356)
スケール:16番(1/80)
ベースキット:谷川

■使用パーツ
ギア※ACEギア KTM※WB26 10.5
モーター※LN15 キャノン
パンタ※PT43 IMON6
碍子 IMON
送受信アンテナ KTM
つり革※丸型 Fujimodel
シート※ロング KTM
密連 エンドウ※5703
ドア取っ手 エンドウ
運転台 エコー※1690 ¥486
うずまりチリトリ エコー※629
しめきりコック エコー※630
サボ受け エコー※1674
ウェイト エンドウ
ユニバーサルジョイント エンドウ※2.0-1.5
モーターホルダー エンドウ※LN15用
センターピン 日光
仕切り板 谷川
台車※TH1000T KTM
乗務員ステップ エンドウ
胴受け U-trains
接触器 エコーモデル
パンタ台 ピノチオ
ヒューズ箱※1682 エコーモデル
照明※LED モデルシーダ
車体ステップ KSモデル
ドアノブ エンドウ

京急=旧1000形=谷川=16番=真鍮製=完成=201709

DSCN1794_s.jpg
京急旧1000形 谷川キット組みが完成しました。当時の実車の雰囲気を出せるようしました。
1351 1356の2両を製作しました。

京急旧1000形 谷川
屋根上の集中クーラーはホビーメイトオカ製のパーツで非常にリアルです。これを乗せるだけで全く雰囲気が変わって見えます。

京急旧1000形 谷川
パンタ廻り配管も実車を忠実に再現しました。

京急旧1000形 谷川
車両側面です。KHKマーク車両表記を表現しました。

京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川
パンタ廻りを別角度から

京急旧1000形 谷川
室内は勿論シート・吊革・運転台・運転席・仕切り板を設置しています。

京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川
京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川

京急旧1000形 谷川


■製作内容
車両:京急旧1000形(1351 1356編成)
ベースキット:谷川キット加工製作
スケール:16番(1/80)

■使用パーツ
モーター※LN15(キャノン)
ウェイト×2(エンドウ)
ステップ(エンドウ)
サボ受け※車両横(エコー)
サボ受け箱型※車両前面(トレジャータウン)
接触器箱(エコー)
ヒューズ箱(エコー)
運転台(エコー)
碍子(IMON)
ふみきりコック×2(エコー)
ジャンパー栓受け×2(エコー)
KDカプラー(KD)
仕切り板(エコー)
センターピン(日光)
ドアノブ(エンドウ)
モーターホルダー(エンドウ)
ユニバーサルジョイント(エンドウ)
MPまくらばり(エンドウ)
密着連結 器(エンドウ)
照明(シーダ-)
シート(KTM)
吊革(FUJIモデル)
MPギア※26mm(エンドウ)
胴受け(U-trains)
パンタ台(天賞堂)

京急=旧1000形=谷川=HO=真鍮製=完成

谷川 京急1000形(1351・1356)
谷川の京急旧1000形のキットを組み上げ完成しました。

今回は実車で最後まで残っていた車輛(1351・1356)の2輌をモデルにして製作しました。

谷川 京急1000形(1351・1356)
パンタはPT43E 避雷器や屋根上からの引きこみ線、パイピングは自作しています。

谷川 京急1000形(1351・1356)
写真では少し見えにくいですが実車通りに作りこみをしました。
精密なモデルになったと思います。



谷川 京急1000形(1351・1356)
車輛前部の屋根上パイピングも実車通りに施工し直してあります。
また、雨樋の形も実車通りに変更してあります。

谷川 京急1000形(1351・1356)
室内(客室シート・吊革・運転席・運転台)はマストアイテムなので勿論設置しています。
今回は室内灯も設置しています。
また、台車はOK18ではなく、この1351・1356が履いていた台車であるTH1000Tに変更済みです。

DSCN0606.jpg
前消灯・尾灯も点灯加工してあります。

谷川 京急1000形(1351・1356)
動力はMPギア化しており走行も問題なくスムーズに走行できるよう加工してあります。

谷川 京急1000形(1351・1356)

車輛前面の乗務員室横のステップも自作しています。

このキットには表現されていない部分がありましたが、追加パーツやパーツ変更する事によって精密でくっきりとした実車通り
のモデルになったと思います。

製作モデル:京急1000形(1351・1356)
ベースキット:谷川
スケール:1/80 16.5mm HO
素材:真鍮製
その他:ヘッドライト・テールライト・室内灯 点灯加工済み
<追加パーツ・変更パーツ>
エースギア(KTM)
送受信アンテナ(KTM)
フューズ箱(エンドウ)
貫通渡り板(エコー)
クツズリ(FUJI)
ステップ(フクシマ)
車輪(KTM)
密着連結器(エンドウ)
モーターホルダー(エンドウ)
胴受け連結器(エンドウ)
集中クーラー(KTM)
モーター(EN22)(エンドウ)
台車(TH1000)(KTM)
パンタ(PT43E)(KTM)
パンタ碍子(エンドウ)
ライト(シーダ)
室内灯
ワイパー(BONA)
パンタ避雷器(KTM)
塗装色:(マッハ)

その他、自作パーツ・自作パイピングが設置されています。
販売価格:\103,000-にて販売終了

京急1000型の製作記はこちら
検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村