FC2ブログ

阪急=200形=16番(1/80)=マスターピース=完成

阪急200 マスターピース
阪急200 マスターピースキットが完成しました。

先頭車2両です。旧マルーン色と屋根上のグレーのコンビのコントラストがなんとも言えずいい雰囲気です。

阪急200 マスターピース
屋根上ベンチレータ-は色のトーンを変え、アクセントになっており当時の車輛のゴツゴツした感じと、奇麗なシルエットをまとった車両の雰囲気を引き出しています。

阪急200 マスターピース
台車はKS-1-A台車を履かせています。パンタはPT42(IMON製)を装着しています。

マスターピースのキットは本当に製作が難しいキットです。
車両成形に一苦労です。エッチングパーツが主流ですので、触るところも気を付けて作業をしています。

完成したモデルは非常に珍しい車両ですし、パーツの精密度も高いキットですので、他メーカーとは一味違ったいい雰囲気を出しています。

阪急200 マスターピース
妻面です。パイピングを妻面に引き廻しをして立体感を出しています。また、ボディのリベットも表現されており、いい味を出しています。

阪急200 マスターピース
少し見えずらいですが、車内シート及び吊革というマストアイテムは設置しております。室内灯も点灯加工をしています。

阪急200 マスターピース

阪急200 マスターピース
床下もパイピングを入れています。

阪急200 マスターピース
マスターピースのキットのモデルとなる車両は珍しい車両が多く、他メーカーとは一線を画している部分です。資料が少ないのがつらいところです・・・
今回の阪急200はレールロードで阪急200の特集本が出版されておりこちらを参考にしました。

阪急200 マスターピース
各種写真や図面も入っており解りやすい解説まで付いています。
一部カラー写真も入っており非常に参考になりました。

阪急200 マスターピース
こんな部分の写真まで良く入っているなと感心するほどの資料でした。

阪急200 マスターピース
正面から

阪急200 マスターピース

阪急200 マスターピース

阪急200 マスターピース

■製作内容
車両:阪急200形
スケール:16番(1/80)
パンタ屋根上配管
解放テコ取り付け
電飾加工(ヘッド・テール・室内灯)
運転台設置
仕切り板設置
ドア表示灯レンズ設置

■使用パーツ
MPギア(IMON)
モーター※LN15(エンドウ)
モーターホルダー(エンドウ)
台車※KS-1-A(マスターピース)
パンタ※PT42(IMON)
碍子(IMON)
車輪※黒(エンドウ)
ハンドブレーキホール(エコーモデル)
ブレーキ(エコーモデル)
ドローバー(エコーモデル)
ヘッドテール(エコーモデル)
室内灯(エコーモデル)
運転台(エコーモデル)
シリコンチューブ(IMON)
塗料※旧マルーン(マッハ)
運転席椅子(エコーモデル)
ドア表示灯(エコーモデル)
検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村