FC2ブログ

京急=旧1000形=谷川=HO=真鍮製=製作⑤

谷川 京急1000形

谷川 京急1000形の製作です。ボディ部の塗装中です。

谷川 京急1000形

屋根上の状態です。集中クーラーとパンタはこれから設置です。

谷川 京急1000形

今回の動力はMPギアを搭載しています。完成までもう一息です。

阪急=900形=マッハ模型=HO=真鍮製=製作①

マッハ 阪急900
以前にも製作した事のある阪急900形を製作しています。

以前製作したのが2年以上前になります。このマッハのキットは非常に難しいキットで1輌の両運車輛ですが、製作するのにずいぶん時間が掛っています。

マッハ 阪急900

屋根上には写真の通りのランボードが張り巡らされている為、合わせるのが非常に難しいキットです。
元キットの室が良い為、完成した際はかなり出来栄えのいいモデルになります。

マッハ 阪急900

屋根上、車体のリベットも表現されており、細かな表現がなされているキットです。

マッハ 阪急900

だだ、このように元キットのステップ(写真右)は変更した方が、より精密になるので、写真左のフクシマ製のステップに変更します。
このように少しづつ、パーツの変更等をしていくことにより、完成した際の出来栄えは全く違ったものになってきます。

まだもう少し時間がかかりそうですが、製作を続けて行きます。

マッハ 阪急900

新しくマッハ模型から図面を取り寄せました。

京急=旧1000形=谷川=HO=真鍮製=製作④

谷川 京急1000
屋根上パイピングを自作パーツで実車通りに設置していきます。フロント面はこんな感じです。

谷川 京急1000
1351(左側)1356(右側)です。

谷川 京急1000
パンタ周りのパイピングも設置完了しました。(全て自作パイピング)

谷川 京急1000
谷川 京急1000
取り急ぎ各箇所にパイピングを完了しました。

現段階でなかなか雰囲気のあるモデルに仕上がってきています。
作り手としても完成が楽しみなモデルになりました。

京急=旧1000形=谷川=HO=真鍮製=製作③

谷川 京急1000形
京急1000形の製作です。ドアステップを設置しました。雰囲気が一気に良くなってきました。

谷川 京急1000形
ドア下のステップを各ドアに設置していきます。

谷川 京急1000形
今回の動力はMPギアを搭載する予定ですので、モーター及び床下器機を設置していきます。

谷川 京急1000形
以前から大変多くの製作依頼を頂いている方からご指摘を受けて、施工している部分である床下器機の裏側の目隠しを
設置した写真です。少し見えにくいかもしれないですが、床下器機バーツの裏側を板で目隠することにより、パーツ感がなくなり
ます。
確かに今まで製作していて、施工していなかった部分ですが、このように小さな部分の積み重ねが非常に重要で、よりよい
完成品に近づく一歩となることは間違いありません。

京急=旧1000形=谷川=HO=真鍮製=製作②

谷川 京急1000形

谷川の京急旧1000形のキットを組んでいます。2輌で最後まで保存されていた、1351 1356を製作しています。
キットにはなかった、屋根上パイピング、乗務員扉横のステップを設置しディティールアップしていきます。

谷川 京急1000形
屋根上はこの様な感じです。集中型クーラーやその他器機はこれから設置していきます。

谷川 京急1000形
ディティールアップすることにより、深みのあるモデルになってきました。

雰囲気のいいモデルになってきました。

エンドウ=スハネフ15 オハネ15=HO 16.5mm=製作②

フェニックス スハネフ14 オハネ15

エンドウ製のスハネフ14・オハネ15の塗装途中です。
各車輛に帯入れ塗装を完了し、窓枠にも色入れを完了させました。

細かな手直しはここから行いますが、もう少しで塗装の完了となります。

フェニックス スハネフ14 オハネ15

叡山電鉄=デナ21=ホビーメイトオカ=HO=パンタ仕様=真鍮製=完成

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ ベースキットのデナ21(122 124)が完成です。
なんともいい雰囲気に組みあがりました。

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21
屋根上のパンタ引き込み線は自作パーツで追加しています。元々ホビーメイトオカのキットの出来は非常に良いキットですので
シンプルなパーツを少し付加したり、パーツ変更をすることにより、立体感のあるモデルになります。

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21
違う角度からの屋根上の様子です。

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21
動力に関しては、MPギアを搭載しており、走行に関してもスムーズな走行となっています。
IMONから新しく出ているトラクションモーターも考慮しましたが、今回はMPギアの搭載としました。

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

少し見えにくいですが、インテリア、客室(椅子・吊革)はマストアイテムなので勿論設置、運転台も設置済みです。

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄 デナ21

【追加・自作パーツ】
台車:D-14(ニッコー)
パンタ:PA1122(IMON)
碍子:(エンドウ)
椅子:(KTM)
吊革:(FUJI)
エアホース:(エンドウ)
胴受け:(エコーモデル)
ステップ:(U-trains)
避雷器:(エンドウ)
作用管とめ:(U-trains)
車輪(黒染め):(IMON)
ジャンパー受け:(エンドウ)
カプラー:(KD)
主抵抗器:(エコーモデル)
床下器機(エコーモデル)


メーカー:ホビーメイトオカ
車輛:叡山電鉄 デナ21(122 124)
動力:MPギア(方軸モーター×2台)
スケール:1/80(16.5mm)
販売価格:73,000-円にて販売終了

珊瑚模型=キハ40000=HO=16.5mm=真鍮製=完成

珊瑚模型 キハ40000

珊瑚模型 キハ40000 キット組み立て カスタム多数が完成しました。

動力をMP化した事により下回りの工作が増え、思った以上に大変な作業でした。

珊瑚模型 キハ40000

モーターはIMON製のミニモーターを使用しました。キハ40000のような小さなボディのモデルでも床下に設置できるサイズ
でした。モーターも非常に気になるというレベルではなく、上手く収まったと思います。

珊瑚模型 キハ40000

かなり小さく小ぶりな車輛ですが、存在感のある仕上がりになったと思います。

珊瑚模型 キハ40000

珊瑚模型 キハ40000

珊瑚模型 キハ40000

珊瑚模型 キハ40000

■モデル内容
メーカー:珊瑚模型
車輛:キハ40000
動力:MPギア
モーター:IMON製ミニモーター
スケール:1/80(16.5mm)
内容:カスタム組立品
【追加パーツ】
ステップ(フクシマ)
エアホース(エンドウ)
エアホース受け(U-trains)
ワイパー(自作パーツ)
カプラーポケット(珊瑚模型)
連結器(フクシマ)
ガーラントベンチレーター(トミックス)
解放テコ(自作パーツ)
モーター(IMON)
MPギア(IMON)10.5スポーク WB22.5
椅子(KTM)
ジョイントゴム(IMON)

販売価格:32,500-円にて販売終了

フェニックス=クモユニ143=1/80 16.5mm=完成

フェニックス クモユニ143

フェニックス クモユニ143 HO(16.5mm) カスタマイズ完成品です。

フェニックスのキットを追加パーツ・自作パーツでディティールアップをし完成させたモデルです。

フェニックス クモユニ143
フェニックス クモユニ143

動力はトラクションモーターを設置
運転席・運転台・室内部分も画像では解りにくいですが、設置しました。室内灯も設置済みです。

フェニックス クモユニ143

フェニックス クモユニ143
屋根上パイピングは自作パーツを設置しました。

【追加・自作パーツ】
カプラー
ジャバ管
エアホース
エアホース受け
胴受け
ワイパー
ステップ
前面配管機器
乗務員ドア・荷物室ドア
荷物室
室内郵便箱:自作
運転台
室内間仕切り板
電飾

メーカー:フェニックス
車輛:クモユニ143
動力:天賞堂パワートラック
スケール:1/80(16.5mm)
販売価格:40,500-円にて販売完了

京急=旧1000形=谷川=HO=真鍮製=製作①

谷川 京急1000形

谷川の京急旧1000形のキットの組み上げに入っています。
取り急ぎボディ製作の途中までです。

京急1000形
参照URL:http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2011/03/1000_17.html

京急1000形は製造期間及び使用期間が長期にわたった為、様々なバリエーションが生まれています。
今回の製作モデルは、最後まで残り、救援車の牽引用として残った、1351 1356を目指して製作しようと思います。

京急1000形
参照URL:http://noukendai.nce.buttobi.net/NEWS-Topics/100608.html

屋根上はこのような感じになっているので、これを参考にしていこうと思います。実車に近づける為、雨樋の形状等も合わせて製作していきます。

叡山電鉄=デナ21=ホビーメイトオカ=HO=パンタ仕様=真鍮製=製作④

ホビーメイトオカ デナ21

ホビーメイトオカ 叡山電鉄デナ21の本体部分の塗装です。

ホビーメイトオカ デナ21

今回使用したのはマッハの専用カラーを使用しました。

ホビーメイトオカ デナ21

手直しを少しして、本体部分の塗装は完成で、この後、乾燥後にクリアーをのせていきます。

下回り、動力をトラクションモーターにするのか、MPギアにするのかで少し悩みましたが、床下器機を犠牲にするMPギアを設置予定です。

こちらも進み次第、アップしていきます。

叡山電鉄=デナ21=ホビーメイトオカ=HO=パンタ仕様=真鍮製=製作③

ホビーメイトオカ 叡山 デナ21

叡山電鉄 デナ21(122 124)の製作です。パンタ周りのランボードを設置です。
実車の写真を調べてみると、パンタ側から配管が出ており、このキットにはパーツが付属されていませんでしたので、自作して設置しました。

ホビーメイトオカ 叡山 デナ21

こんな感じでパンタ周りの屋根部分から配管を設置。こちらのパイピングは自作パーツです。

ホビーメイトオカ 叡山 デナ21

また、運転者用扉の側にステップが実車はあるので、設置していきます。穴あけ加工をして・・・

ホビーメイトオカ 叡山 デナ21

U-trainsの配管用パーツを利用してステップを設置していきます。

ホビーメイトオカ 叡山 デナ21

設置後はこの様になります。ホビーメイトオカさんの元キットのレベルは高いのは勿論ですが、パーツを追加していくことにより、素組みとは一味違ったかっこいいモデルになっていきます。

ホビーメイトオカ 叡山 デナ21


ホビーメイトオカ デナ21

実車写真で避雷器があるのが判明し、こちらも実車同様の位置に設置しました。

ホビーメイトオカ デナ21

ひとまずこれで屋根上は完成です。素組みよりもぐっと精密感が増して良いモデルになってきました。

叡山電鉄=デナ21=ホビーメイトオカ=HO=パンタ仕様=真鍮製=製作②


画像参照URL:http://m-horikoshi.a.la9.jp/lac12_Sitetu/_Rs_c4_00_keihuku_4.htm
京福電鉄時代に集電装置がポール型からパンタグラフ化されたデナ21です。この際、貫通扉を設置し、車輛を2輌編成として運用されるようになりました。

このホビーメイトオカのキットは集電装置がパンタグラフ化されたその当時のモデルとなっています。
このモデルで製作するのは上記写真の122 124の2輌編成を再現しようと思います。

ホビーメイトオカ デナ21
貫通化されたフロント部です。もう片方は非貫通のままの車輛です。

ホビーメイトオカ デナ21
ボディ部の組み上げに入っている所です。

珊瑚模型=キハ40000=HO=16.5mm=真鍮製=製作③

珊瑚模型 キハ40000

ボディ部の塗装に入りました。下地処理をした後、全体をブドウ一号で塗装

珊瑚模型 キハ40000

珊瑚模型 キハ40000

屋根面の色を濃いめのグレー(ねずみ色1号 艶消し黒を調合)で塗装
一気に雰囲気が出てきました。

珊瑚模型=キハ40000=HO=16.5mm=真鍮製=製作②

珊瑚模型 キハ40000

車体がほぼ完成です。ライトも付きもう少し手直しをして、ボディ部は完成予定です。

カスタム部分としては
・ステップ(フクシマ)
・ジャバ管受け(エンドウ)
・カプラー(エンドウ)
・ガーランドベンチレーター(トミックス)→→屋根上に最後に取りつけます。
・カプラーポケット(エコーモデル)
・解放テコ(自作パーツ)

を追加パーツとして設置し基本モデルからカスタムしています。

珊瑚模型 キハ40000

この後、台車周り、動力を取りつける加工作業に入ります。
古いキットですが、動力はMPギアを加工設置予定です。

エンドウ=スハネフ15 オハネ15=HO 16.5mm=製作①

エンドウ スハネフ15 オハネ15

エンドウ製のスハネフ15 オハネ15 6輌の塗装前です。

エンドウ スハネフ15 オハネ15

銀帯を入れる予定です。先にボディ色(青色1号) 屋根上(ねずみ色1号)を塗装した状態です。

エンドウ スハネフ15 オハネ15

6輌とも青色1号でのボディ塗装完了です。

珊瑚模型=キハ40000=HO=16.5mm=真鍮製=製作①

珊瑚模型 キハ40000
こちらは、珊瑚模型のキハ40000です。他のモデルと同時並行で製作を進めています。

なかなか、屋根部分がうまく合わず苦戦中です。

珊瑚模型 キハ40000
ボディ部の組み上げは完了しています。

珊瑚模型 キハ40000
台車部分のパーツです。

珊瑚模型 キハ40000
屋根を合わせる為、各種調整をして組立を進めていきます。

叡山電鉄=デナ21=ホビーメイトオカ=HO=パンタ仕様=真鍮製=製作①

デナ21 ホビーメイトオカ

ホビーメイトオカの叡山電鉄デナ21のキットです。こちらの製作に入る予定です。

デナ21 ホビーメイトオカ

図面です。

デナ21 ホビーメイトオカ

2輌ワンセットのキットになりますので、製作する編成を企画し決定後製作に移っていきます。

デナ21 ホビーメイトオカ

各種パーツは当時のキットとしては非常に細かく、完成した際の完成度が高いモデルだと思います。

デナ21 ホビーメイトオカ

珊瑚模型=オロ31=1/80 16.5mm HO=完成

DSCN0375.jpg

珊瑚模型のオロ31の製作が完了です。
内装を設置し電飾も施工済みです。

その他、パーツを追加し塗装後インレタを張り付け完成です。

DSCN0373.jpg

屋根上のベンチレータはKATO製を使用しました。パーツの質感が良い為完成時の見栄えもぐっとよくなります。

DSCN0377.jpg

DSCN0378.jpg
椅子の高さが定まらず、設置するのに高さを数回変更しています。丁度いい高さになりました。

DSCN0382.jpg
こちらは同時製作をしたナハ22000です。

DSCN0380.jpg

こちらもオロ31と同様に内装の設置及び電飾の施工、各種パーツを追加したカスタム製作となっています。

DSCN0384.jpg

床下の作りこみも時間を掛けてじっくりと製作しました。

DSCN0383.jpg

メーカー:珊瑚模型
車両:オロ31/ナハ22000
スケール:HO(16.5mm)
素材:真鍮製
備考:追加パーツ各種有

中村精密=C63=1/80/ HO=カスタム=完成

中村精密 C63

中村精密のキットをカスタムして製作しました。

中村精密 C63

作用管、キャブ下パイピング他、追加カスタムをしています。

中村精密 C63

中村精密 C63

中村精密 C63

テンダー車のパイピングも実施しており、重厚感と精密モデルの特徴である、くっきりとした仕上がりになっています。

珊瑚模型=オロ31=1/80 HO=製作①

DSCN0342.jpg

珊瑚模型のオロ31のボディを塗装剥離後、全バラし再度組み直したところです。

DSCN0348.jpg

各ディティールアップパーツを付加して組み直しています。

DSCN0343.jpg

屋根上のベンチレーターも付属のものはパーツの質が悪かった為、「抜け」の表現されているKATO製のベンチレーターに変更しています。

DSCN0352.jpg

床下器機の変更、カスタムをしています。

DSCN0339.jpg

こちらはもう一台、同じく珊瑚のナハ22000です。
同様に塗装剥離後、全バラし組み直しをしたところです。

DSCN0338.jpg

DSCN0341.jpg

こちらもパーツを追加しカスタムしてあります。

DSCN0349.jpg

床下もカスタム済みです。

フェニックス=キハ35 和田岬線=1/80 16.5mm

キハ35
1999年頃 関西の和田岬線を走行していたキハ35です。
和田岬線は特徴的な路線でJRでは最後まで旧型車両を使用していた路線であり、また駅のホームが進行方向の右側にしかないという非常に珍しい特徴を持つ路線です。

その為、今回製作したモデルのキハ35は進行方向と逆側のドアは使用しない為、一部撤去されているという珍しい特徴を持った車輛となります。

ベースキット:フェニックス
追加パーツを多数使用してカスタムしたモデルになっています。

キハ35

動力はMPギア(エンドウLN12)を搭載しました。

キハ35

床下器機はニッコーモデルを使用

キハ35

キハ35

キハ35
検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (1)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (6)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村