FC2ブログ

銚子電鉄デハ1000※丸の内線カラ-=16番 1/80=完成

銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
銚子電鉄デハ1000形※丸ノ内線カラー マスターピースが完成致しました。

銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
丸ノ内線で活躍していた当時には集電方法が異なった為、パンタはありませんでしたが、パンタが乗っている丸ノ内線という姿も垣間見え面白い車両です。

銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
エッチングパーツ主体のキットの特徴でもある、線の細さ、精密感ともに秀逸のモデルです。

銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
車両ステップもひとつづつエッチングパーツをはめ込むような設計で立体感があります。

銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
非パンタ側の前面は当時の丸ノ内線の姿のままです。

銚子電鉄デハ1000形※丸の内線カラ- マスターピース
台車もロスト製台車を使用しており、彫りが深く立体感があります。

銚子電鉄デハ1000形の製作記はこちら

■スケール・モデル
車両:銚子電鉄デハ1000形※丸ノ内線カラー
スケール:16番 1/80
メーカー:マスターピース

■使用パーツ
照明※Gタイプ モデルシーダ
パンタ※PT42 IMON
碍子※PA3001 IMON
動力※NSドライブユニット メディアリンクス

夕張キハ252・ナハニフ100=KSモデル=16番 1/80=完成

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデルが完成しました。

手前がキハ252 奥がナハニフ100です。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
屋根上はシルバー塗装、ベンチレーターはグレーの塗装です。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
妻面にも運転台がある車両でとてもユニークな形をしています。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
ナハニフ100です。ストーブ車両で屋根上の煙突が特徴的な車両です。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
ストーブから伸びた煙突は屋根上まで繋がっています。
※くわしくは製作記をご覧下さい。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
車両半分が客室となり、残り半分が荷物室になっています。少し見えにくいですが、車両真ん中あたりに仕切りが入っており、荷物室、客室と区分けがされています。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
ストーブ周りに集まる人も再現をしています。荷物室には荷物も自作で製作し設置しています。
※くわしくは製作記をご覧下さい。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
こちらはキハ252 急行マークを設置して雰囲気を盛り上げています。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
全長がとても長くHゴムのバス窓が印象的な車両です。床下機器にはパイピングを追加してデティールアップしています。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
屋根上にはラジオアンテナを自作で設置しました。

夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張鉄道キハ252 ナハニフ100 KSモデル

夕張鉄道キハ252・ナハニフ100の製作記はこちら

■モデル・スケール
車両:夕張鉄道キハ252・ナハニフ100
スケール:16番 1/80
メーカー:KSモデル

■使用パーツ
台車※TR29 日光
台車※TR11 日光
机・椅子l※403 エコーモデル
スポーク車輪 日光
床下機器セットA 日光
NSドライブユニット メディアリンクス
センターピン 日光
シート※2751 エンドウ
乗務員ステップ※5906 エンドウ
ジャンパー連結器受け※5813 エンドウ
ジャンパー連結器受け※5803 エンドウ
ジャンパー連結器受け※5802 エンドウ
胴受けA※5841 エンドウ
締切コック※630 エコーモデル
ウズマキチリトリ※629 エコーモデル
タイフォン※751 エコーモデル
客車用端梁※743 エコーモデル
ストーブ※401 エコーモデル
ロープ掛け※663 エコーモデル
渡り板※1711 エコーモデル
車体ステップ※851 KSモデル
貫通ホロ※1666 エコーモデル
気道車用運転台※1689 エコーモデル
ハンドブレーキ※2604 エコーモデル
インレタ アルプスモデル
エアホース エコーモデル
床下取り付け板 KSモデル
テールケース KSモデル
ドアノブ※2607 エンドウ
ハシゴ エコーモデル
椅子※客室 エンドウ
センターピン 日光
仕切り板 KSモデル
解放テコ※2607 エコーモデル
ワイパー BONA
スノープロウA※2201 エコーモデル
エアホース※5821 エンドウ
カプラー IMON
ヘッド・テール・レンズ KSモデル

叡山電鉄デオ710=マスターピース=16番 1/80=製作①

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄デオ710形は叡山電鉄初の冷房車両で1987年に登場しました。車両数は2両でワンマン運転用の車輛です。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
と様々な塗装がありました。
なかでも、
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
まとい号と呼ばれているこちらの車輛は2016年に登場した救急車と消防車をイメージしたカラ-リングになっており、上の2枚の画像は実は同じ車両の表裏になっているとてもユニークなラッピングで走行している車両です。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
!!パトカーもありました。

まとい号のカラーをなんとか再現したいとあの手この手で考案中です。うまくいけばいいのですが・・・

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
キットはマスターピースさんのキットです。エッチングがふんだんに使用されたキット構成で、いつもながら手強いです。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
このようにボディ部も「ハ」の字になっており、すこしづつ曲げを入れて調整していきます。
このタイミングでは板も薄いので扱い注意です。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
車両前面はロストパーツです。分厚いロストとボディ部を組み上げるのには少しコツがいります。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
綺麗にくみあがりました。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
後はひたすらこすり続けます。薄いので気を付けてすこすづつ力を抜いてこすり続けます。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
接合部が綺麗になりました。

叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
叡山電鉄 デオ710 マスターピース
屋根周り機器、パイピングを設置していきます。


夕張キハ252・ナハニフ100=KSモデル=16番 1/80=製作②

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252.ナハニフ100 KSモデルの製作です。
こちらはキハ252です。車両前面には手摺の穴をあけて設置準備をしておきます。

床下も製作が終わっているので本体部と合わせてみて、問題が無いか見ていきます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
キハ252の妻面側です。単両での走行もしていたので、こちら側にもスノープロウを設置していきます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
床下部は各機器を設置後、追加パイプをしました。パイピングが入ることにより立体感と奥行き感が増して見えます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
細かなコック等も設置することにより、より精密なモデルになっていきます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
こちらはナハニフ100の床下です。こちらもブレーキシリンダー、引き棒とパイピングを自作で設置していきます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
室内には仕切り板と煙突からのパイピングを設けて、中のストーブにつないでいきます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
こちらがストーブです。ストーブの周りには保護柵を自作で製作しました。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
荷物室にある荷物も自作で製作していきます。布に実際に荷物をまいて・・・

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
こちらの紐でまとめて・・・

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
これで荷物の完成です。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
車内にシート等を配置をする為に一度仮組みをして様子を見ます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
ボディ部は塗装をしていきます。下地処理を終えクリーム色を塗装したところです。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
ボディ下部に赤を塗装していきます。

夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
夕張キハ252 ナハニフ100 KSモデル
この後、乾燥後屋根塗装に入ります。


銚子電鉄デハ1000※丸の内線カラ-=16番 1/80=製作③

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000形 マスターピースの製作です。

ボディ塗装をしていきます。下地を塗装し帯色の白を塗装していきます。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピース
マスキング後、赤を塗り重ね丸ノ内線の赤を作っていきます。
丸ノ内線が見えてきました。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
屋根色はグレーで塗装します。ランボード、パンタ台、屋根配管は色に変化をつけていきます。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピース
客室扉のHゴムを黒で表現します。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
配管留めにも色入れをしてアクセントにしていきます。

この後クリアー塗装をし細かなパーツを設置していきます。

夕張キハ252・ナハニフ100=KSモデル=16番 1/80=製作①

252w_201806212152039f1.jpg
夕張キハ252は北海道夕張鉄道を走っていた気道車です。車両前面のタイフォンが印象的な気道車です。
のちに同型車両のキハ251は関東鉄道にキハ252は水島臨界鉄道に譲渡されて余生をすごしました。

そしてもう一両
IMG_h120538dy1.jpg
ナハニフ100 車両半分が荷物車両になっておりストーブを設置し車両屋根にはストーブの煙突が付き出ているレトロな雰囲気が溜まらない車両です。

夕張キハ252 KSモデル
キットはキハ252・ナハニフ100ともにKSモデル製をベースに各パーツ追加・変更等をしディティールアップしていきます。

夕張キハ252 KSモデル
こちらがナハニフ100のキットです。車両長が短く、デッキがある車両です。

夕張キハ252 KSモデル
早速組み上げていきます。屋根上の合わせ面が合いにくくひたすらこすり作業を続けてなめらかにしていきます。

夕張キハ252 KSモデル
夕張キハ252 KSモデル
こちらはキハ252です。車両前面、妻面を設置しまず基本ボディを製作していきます。

夕張キハ252 KSモデル
両サイドのバス窓が特徴的な車両です。しっかりとキットも表現されています。

夕張キハ252 KSモデル
とてもユニークな形をしている妻面です。

夕張キハ252 KSモデル
夕張キハ252 KSモデル
キハ252にラジオアンテナを設置していきます。
真鍮線に配管留をいれ一つづつ仮止めしていきます。

夕張キハ252 KSモデル
夕張キハ252 KSモデル
このような形で屋根上のアンテナを設置しました。

夕張キハ252 KSモデル
夕張キハ252 KSモデル
ベンチレーターを入れて様子を見ます。大丈夫そうです。

夕張キハ252 KSモデル
こちらはナハニフの内装製作です。
客室側と荷物室側に仕切りを設け(ボディ内部に仕切りは設置)ストーブを2台設置します。
この時点である程度の位置決めをしていきます。

夕張キハ252 KSモデル

夕張キハ252 KSモデル
こちらは荷物室側です。乗務員のデスク及び椅子を設置、後ろには荷物棚を自作で製作しました。
このほか、ハンドブレーキ、荷物は自作で製作して設置予定です。

夕張キハ252 KSモデル
車両側面窓には保護棒を設置し、妻面したには端梁を設置しました。ぐっと雰囲気が変わります。
この後、妻面片側に尾灯を設置予定です。

夕張キハ252 KSモデル
屋根上です。

夕張キハ252 KSモデル
煙突がなんともレトロないい雰囲気です。

夕張キハ252 KSモデル
車両内部にも煙突の管を伸ばしていきます。

夕張キハ252 KSモデル
夕張キハ252 KSモデル
夕張キハ252 KSモデル
妻面に設置予定の梯子を製作していきます。



銚子電鉄デハ1000※丸の内線カラ-=16番 1/80=製作②

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピースの製作です。

ボディ部の各機器、屋根上パイピングの設置が完了し、本体上部と下部を仮組みして全体のバランスを見ます。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
床下機器のバランスも良さそうです。
台車はロスト製でとても立体感のあるパーツです。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピース
再度ばらして塗装に備えます。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
屋根上機器とパイピングのです。すパイピングが実車にははいっていましたので表現をしました。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピース

東武5700=KTM=16番 1/80=完成

東武5700 KTM
東武5700 KTMが完成しました。

東武5700 KTM
屋根はザラ屋根を表現しています。ベンチレーター等各機器は色を変更してアクセントにしています。

東武5700 KTM
私鉄車両は車輪径が大きいものが多く下周りがずっしりしているように見えます。車両は電動車のモハ5700

東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武5700 KTM
電動車モハ5700です。

東武5700 KTM
各パーツしっかりと作りこみがされており、いい雰囲気です。

東武5700 KTM
屋根周りパイピングはランボードしたから伸びるように引きまわしをしています。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
こちらはKTMのロスト製の台車FS106です。とても立体感があり彫の深いパーツで存在感があります。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
こちらはクハ700です。車両前面のエアホースが特徴的です。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武5700 KTM
こちらはモデルワムのロスト製台車 TRK53です。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
とても各パーツの精度が高く立体感と存在感のあるモデルで完成した姿はとてもいい雰囲気になりました。

東武5700の製作記はこちらから

■モデル・スケール
車両:東武5700(モハ5700 クハ700)
スケール:16番 1/80
キット:KTM

東武5700=KTM=16番 1/80=製作②

東武5700 KTM
東武5700 KTMの製作です。

こちらは電動車モハ5700用の台車FS106です。カツミ製の台車です。ロストの複数パーツ構成になっておりとても立体感のある台車です。

東武5700 KTM
こちらはクハ用の台車KS105です。こちらはモデルワム製の台車です。KTM、モデルワムとメーカーは違いますがどちらも個性的なパーツを使用した台車です。

東武5700 KTM
車両前面にエアホース等を仮組していきます。

東武5700 KTM
台車も履かせて全体のバランスを見ておかしければ調整をしていきます。

東武5700 KTM
電動車モハの台車を組み上げて装着しました。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
こちらがクハ用のKS105を組み上げた画像です。


東武5700 KTM
電動車モハ5700の妻面です。

東武5700 KTM
もう一度ばらして塗装をしていきます。下地処理をしていきます。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武のベージュを次に重ねていきます。

東武5700 KTM

東武5700 KTM
車両上部をマスキングし下のマルーンを塗装していきます。

東武5700 KTM
このような塗り分けになります。

東武5700 KTM
屋根はグレーのザラ屋根仕様にする予定です。

東武5700 KTM
東武5700 KTM



鹿島参宮キハ201=奄美屋=16番 1/80=完成

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
鹿島参宮キハ201 奄美屋が完成しました。

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
台車は車両の短さに合った、ショートストロークのTR26を使用していいます。
屋根とボディの接合に苦労をしましたがスッキリとまとまりました。

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
屋根色の鉛丹色がアクセントとなり存在感のあるモデルになりました。

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
窓枠はニス色を塗装しています。カラス口ではうまく入らず、1枚づつ塗装をしています。

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
室内を製作する為にギアを改造しました。ギア改造により室内もスッキリとし、室内の製作もできました。

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
鹿島参宮 キハ201 奄美屋
車両前面の傾斜を付けるのも苦労しましたが、とても実車の雰囲気がでているモデルになりました。

鹿島参宮 キハ201 奄美屋

鹿島参宮 キハ201 奄美屋
TR26に合う動力は現在はなく、福島のギアを使用という手もありましたが、現状販売されておらずこの台車の動力はいつも苦労しますが、今回は付属のギアを改造してIMON製のミニモーターを搭載しました。

鹿島参宮キハ201の製作記はこちらから

■スケール・車両
車両:鹿島参宮キハ201
スケール:16番 1/80
ベースキット:奄美屋

鹿島参宮キハ201=奄美屋=16番 1/80=製作②

鹿島参宮キハ201 奄美屋
鹿島参宮キハ201 奄美屋の製作です。

屋根の合わせがなかなか合わず、調整が大変でしたが屋根がなんとかのりました。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
鹿島参宮キハ201 奄美屋
鹿島参宮キハ201 奄美屋

鹿島参宮キハ201 奄美屋
下地を塗装していきます。塗ってはペーパーで研ぎなめらかにしていきます。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
下地が完成です。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
茶色のボディーに黄色の帯がをいれていきます。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
鹿島参宮キハ201 奄美屋
鹿島参宮キハ201 奄美屋
屋根は鉛丹で塗装していきます。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
このような感じです。鉛丹の屋根はなかなかいい雰囲気です。

鹿島参宮キハ201 奄美屋

鹿島参宮キハ201 奄美屋
窓枠はニス色で塗装していきます。真ん中に仕切りがあるタイプの枠なので、一枚一枚マスキングをして塗装していきます。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
窓枠、ボディ色とコントラストになってカッコイイ雰囲気です。

鹿島参宮キハ201 奄美屋
各種インレタをい貼り付けてクリアー塗装をしていきます。

鹿島参宮キハ201 奄美屋

銚子電鉄デハ1000※丸の内線カラ-=16番 1/80=製作①

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000型 1002 マスタピースの製作です。
元営団丸ノ内線支線で活躍した2000形が改造、譲渡され銚子電鉄で活躍をしていました。
元々は地下鉄という面白い経緯を持つ車両です。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
1001の銀座線カラ-も存在しました。

銚子電鉄デハ1000
以前銚子電鉄デハ1000 1001銀座線カラ-の製作をしました。
製作記画像はこちらから

今回は丸ノ内線カラ-を製作していきます。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
今回もベースキットはこちらマスターピース製となります。精密なモデルでとても出来上がりがいい雰囲気のモデルです。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
ボディ部の組上げはほぼ完了しています。
車両サイドにある通風ルーバーの製作はフィンを一枚づつ合わせていきます。立体感がありとてもいい雰囲気です。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
銚子電鉄デハ1000 マスターピース
雨樋を設置後ランボード及びパンタ台を設置していきます。

銚子電鉄デハ1000 マスターピース
仕切り板、つり革の組立てが完了しています。

台車はロスト製の元小田急2228のFS316を使用しています。ロスト製の台車は立体感がありカッコイイです。



東武5700=KTM=16番 1/80=製作①

東武5700 KTM
東武の特急用車両5700系 KTMキットを製作していきます。

東武5700 KTM
ヘッドライト部分と車両妻面屋根一部はロストパーツを使用しています。

東武5700 KTM
ボディ部はサボ受けや、車両ステップは表現されているキットです。

東武5700 KTM
おでこを付け、各ドアを設置し、ひたすらこすっていきます。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
つるっとしてきたところで次の工程に入っていきます。雨樋、細かなステップ等を設置していきます。
塗装の事も考え、どのパーツを先に付けていくかも考えながら製作していきます。

東武5700 KTM
パンタ台も独特な形状で、ロストパーツが付属していました。

東武5700 KTM
雨樋、車両前面、サイド、屋根上に各パーツを設置しました。

東武5700 KTM
東武5700 KTM
東武5700 KTM
モハの妻面にパイピングを施工していきます。設置個所をこのあと綺麗にこすってすっきりさせていきます。

東武5700 KTM
ランボードの下から伸びるパイピング取り回しでしたのでその通りに施工していきます。

東武5700 KTM
東武5700 KTM


阪神5501 ジェットカー=フェニックス=16番 1/80=完成

阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックスベースキットが完成致しました。

今回は2両ともにパンタ車両を製作しました。
左が前パンタ車両 右が後ろパンタ車両です。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
屋根上です。冷改前のベンチレーターを搭載している時代を再現しました。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
妻面です。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
車両前面両サイドにこの時代の阪神の特徴である雨樋は両車両に自作で製作しています。パイピングの引きまわしも両車両ともに違いを付けています。
ごつごつしたパイピングが阪神らしい前面を再現できていると思います。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
前パンタ車両は車両前面左側にステップ、真ん中にはパンタからの母線を引きまわししています。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
屋根上です。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
床下機器あは立体感のあるBONA製の床下機器を使用しています。抵抗器はアクセントの為、色入れをしています。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
こちらは後ろパンタ車両です。車両両サイドにパイピングを引きまわししています。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
屋根上です。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックス
床下はパイピングをこってり追加してコック等を取り付け、床下を眺めても楽しめるように製作しました。

阪神5501 ジェットカー フェニックス
車両間のホースも設置しています。

阪神5501の製作記はこちらから

■スケール・モデル
車両:阪神5501
スケール:16番 1/80
メーカー:フェニックス

■使用パーツ
床下機器セット2 BONA
抵抗器MGセット1 BONA
シート※クロス エンドウ
ジャンパー栓受け※5802 エンドウ
胴受け※5841 エンドウ
エアホース※5821 エンドウ
ジャンパー連結器受け※5813 エンドウ
ドア取っ手※2762 エンドウ
密着自連結器※5706 エンドウ
乗務員ステップ※5906 エンドウ
雨樋洗剤※0.8×0.3 KS
碍子※PA3001 IMON
ワイパー※1671 エコーモデル
ジャンパー栓取り付け台※602 エコーモデル
運転台※1685 エコーモデル
解放テコ受け※2607 エコーモデル
締切コック※630 エコーモデル
ウズマキチリコシ※629 エコーモデル
スケールアミメ板※981 エコーモデル
パンタ台※614 エコーモデル
パンタ※PT42 IMON
ランボード※1697 エコーモデル
ベンチレーター※2411 エンドウ
屋上ヒューズ箱※2666 エコーモデル
NSドライブユニット メディアリンクス
渡り板※1608 エコーモデル
仕切り板 FUJI
ステップ KSモデル


D51 標準北海道型=珊瑚模型Z仕様※2両=16番 1/80=完成

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様が完成しました。

追加パイピングや追加パーツを多数入れて各箇所ディティールアップを施工しました。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
空気弁等も立体感のあるパーツに変更しています。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
キャブしたパイピングは追加パイピングを入れより精密感を出していきます。
タブレットキャッチャーも少し小ぶりなパーツ(アダチ製)に変更しています。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
キャブ屋根はこのように取り外し可能にしており、キャブ内の様子を見れるようにしています。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
キャブ内の作りこみもしっかりと実施しています。バックプレートに各パーツを追加してより精密な作りこみをしています。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様

D51北海道標準型 珊瑚模型Z仕様の製作記はこちらから

■スケール・モデル
車両:D51 北海道標準型
スケール:16番 1/80
メーカー:珊瑚模型Z仕様

EF50=マイクロキャスト水野=16番 1/80=リファイン完成

EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野のリファインを施工しました。
上の画像はリファイン完了後の画像です。

EF50 マイクロキャスト水野
こちらがリファイン前の画像です。デッキ部、台車部等下周りの塗装状態が悪く、デッキ部の手摺の外れ等があり、下周りの塗装を剥離し、修理修正をして再塗装していきます。

EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
塗装を剥離し各修理個所を修理しました。
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
手摺の外れも綺麗に修正しました。

EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
再塗装をした後の状態です。

EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
車両上部に組み込み完成となります。

元通りに戻り復活しました。

EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野
EF50 マイクロキャスト水野

■スケール・モデル
車両:EF50
スケール:16番 1/80
メーカー:マイクロキャスト水野

阪神5501 ジェットカー=フェニックス=16番 1/80=製作②

阪神5501 フェニックス
阪神5501 ジェットカー フェニックスの製作です。

ボディ部の塗装をしています。
下地処理をした状態です。
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
ベージュを重ねていきます。

阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
紺色を塗装し屋根を塗装していきます。

阪神5501 フェニックス
タッチアップをして塗装を整えていきます。

阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
屋根上機器と屋根色は塗装色の変化を付けています。

阪神5501 フェニックス
ベンチレーター等屋根上の各機器を設置してパイピング等に色入れをしていきます。

阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
車両番号を設置しクリアー塗装に入っていきます。

阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
クリアーを塗装してペーパーで研ぎだしを複数回実施していきます。

阪神5501 フェニックス
床下機器パイピングの設置をしていきます。

阪神5501 フェニックス
床下機器はBONA製の床下機器を組み合わせて設置していきます。
パイピングにはコックを設置しチラリと見える部分ですのでしっかりと作りこみをしていきます。

阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス
阪神5501 フェニックス

D51 標準北海道型=珊瑚模型Z仕様※2両=16番 1/80=製作④

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様の製作です。

下周りも組み上げが完了しています。空気弁の部分は立体感を出す為に別パーツを使用しています。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
テンダーも組み上げが完了しました。ディティールアップを各箇所に施工しています。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
床下、パイピング、ブレーキ引き棒パイピング等を設置して下から見た際も楽しめるように製作をしていきます。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
本体上部です。ほぼ完成しており、この後下周りと合わせて、動力調整を行い最終組上げ及び動力調整をしていきます。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
キャブ、ランボード、ボイラーのバランス、ねじれ、歪みがないかチェックしていきます。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
キャブ下はさらに各パーツ、パイピングを追加してディティールアップしていきます。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
組み上げました。やはり全体をみるとまた雰囲気がぐっと変わってきます。

D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様
D51 北海道標準型 珊瑚模型Z仕様

このあと、最終のチェックを実施し、塗装の為にもう一度ばらして行きます。

阪神5501 ジェットカー=フェニックス=16番 1/80=製作①

阪神5501 ジェットカー
日本で2番目の高加減速車両です。駅間の短い阪神の路線において特急車両を運行している阪神は特急車両の運行時間の均一化を図るために、加減速性に優れた車両として開発しまいた。

青胴車とも呼ばれる普通電車用に製造された車両です。

今回の車輛は冷房改造前の車輛前面に雨樋が設置されている時代の車輛を再現していきます。

阪神5501 ジェットカー
フェニックスのキットをベースに製作していきます。

阪神5501 ジェットカー
車両前面はこのような形です。前面貫通扉が内側に引っ込んでいる凹型ですので、すこし特殊な形状です。

阪神5501 ジェットカー
ドアの凹み側を裏からハンダづけしていきます。

阪神5501 ジェットカー

阪神5501 ジェットカー
車両前面にもろもろパーツを設置しボディ部と接合してひたすら成形とこすりを続けていきます。

阪神5501 ジェットカー
アングル取り付け冶具を使用してアングルを設置していきますが、車両の裾に丸みがある為、苦戦しています。

阪神5501 ジェットカー
客室ドアも車両前面を張り付ける前に設置しておき、箱型にしていきます。

阪神5501 ジェットカー
つるっとしてきました。

阪神5501 ジェットカー
雨樋を設置していきます。付属の雨樋パーツは丸線でしたので帯板に変更をしてディティールアップしていきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
車両正面の雨樋も帯板(少し厚め)を切り出して成形をして設置していきます。

阪神5501 ジェットカー
この後、車両前面にはパイピングも入れる予定ですので幅を何度も確かめてから設置していきます。

阪神5501 ジェットカー
パンタ周りパイピングを施工していきます。パンタを屋根上に設置してパイピングを決めていきます。

阪神5501 ジェットカー
ランボードも設置してきます。手前に見えるのが付属のランボードですが質感がいまいちですので、エコーモデルさんのパーツ(奥に見える足付きのパーツ)に変更していきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
パンタ台も仮に設置しランボードの位置を決め、けがいて穴をあけていきます。

阪神5501 ジェットカー
エコーモデルさんのこのパーツは2ピースになっており足の間のピッチを数種類から選べます。長さを決めて2つのパーツを張り合わせてランボードを製作していきます。

阪神5501 ジェットカー
ランボードの設置が完了です。ハンダを綺麗にこすりおとし、次はパイピングを決めていきます。
今回は非冷房ですので、ベンチレーターを設置します。パイピング時に一度仮組をしてベンチレータの位置を決めてからパイピング作業に入ります。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
前パンタ車にはパンタ部分から母線を引きまわして車両前面におろしてきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
屋上には他のパイピングも設置していきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
後ろパンタ車のパイピングは車両前面に引間氏和します。写真左側のパイプは太いパイプを使用して設置していきます。
各パイピングの太さを変更することによりリアリティのあるモデルとなると思います。

阪神5501 ジェットカー
配管留です。

阪神5501 ジェットカー
ケースバイケースですが配管留をパイプに通して各穴に入れて配管をしていきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー




検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村