FC2ブログ

クロ157 貴賓車=KSモデル=16番 1/80=製作①


クロ157-1は皇室の方の移動や外国からの来賓客用の貴賓車として昭和35年に製造した車両です。
現在も田町電車区からは移動になりましたが、現在も車籍を有する車両です。

登場時はクモハ157・モハ156-1が牽引し、クロ157-1を後部に連結した3両編成で運転していました。
電気系統の故障してしまい、中間車に組み込まれその後は、運用されていました。

登場時は準急色である朱色に近い赤とクリーム色の組み合わせでしたが、後に特急色であるこい赤色とクリーム色に変更、直近では185系200番台に組み込まれた為、アイボリーと緑帯に大きく塗装色を変更しました。

今回は登場時の準急色から特急色に変更になったモデルを再現していきます。

貴賓車の特徴はやはりその内装です。桃山時代をイメージした内装になっていたそうです。

クロ157 KSモデル
車両のベースとなるキットはKSモデル製になります。

車両前面の貫通扉の表現が甘く、追加パーツにて実車と同じフォルムになるように製作していきます。

クロ157 KSモデル
車両の前面、妻面、ドアを設置して箱型にしていきます。

クロ157 KSモデル
クロ157のドアは特徴のある4枚折戸になっています。

クロ157 KSモデル
車両前面の貫通扉の表現もうまくいきました。

クロ157 KSモデル
車両に各部のパーツを取り付けていきます。この後の塗装を考慮して取り付けていきます。
また、車両横のサボは立体感が少し足りなかったので、お客様と相談後、車両から削りとり新しいパーツを設置しました。
小さなパーツの部分の変更ですが、このようなパーツの変更や追加が車両完成時の仕上がりの雰囲気に大きく関わって来ますので、車両製作前の製作設計は大切です。

クロ157 KSモデル
妻面側もキットの素組みですとつるつるの状態でした。画像をなんとか探し出し作り込みを行っていきます。縦の雨樋とステップを設置していきます。

クロ157 KSモデル
クロ157 KSモデル
今回の車輛は貴賓車ということもあり、内装が大きな特徴を持つモデルに仕上げていきます。
内装の設置設計を今までとは変更していこうと決め、その企画と技術反映に時間はかかりましたが、製作に入っていきます。

クロ157 KSモデル
仕切り板を図面に合わせて取り付けていきます。
しかし、、この状態で車両に設置をしていくと、車両側面の内装壁と各室内装備品との間にアングル分の隙間が生まれます。
そこを今回は極力なくしていくこと、内装装備品への拘りを企画して製作をしていきます。

クロ157 KSモデル
床板は各仕切り毎に実車と同じく変更していきます。

クロ157 KSモデル
図面をコピーし、各装備品の設置をしていきます。

クロ157 KSモデル
今回はこのような大変珍しい、当時の内部カラー画像が掲載されている・・・

クロ157 KSモデル
こちらの資料をお客様からお借りすることができました。各装備品の色や、そのコンセプトなど文面も充実しており、モデル製作に大変役立ちました。

クロ157 KSモデル
車両に戻り、よくよく各資料を読み込んでみると、ラジオが設置されており、屋根にはラジオアンテナが設置されていたようです。
そこで、自作で製作をして設置しました。

クロ157 KSモデル
床下機器も設置して床下の追加パーツを製作していきます。

クロ157 KSモデル
妻面各パイピングは自作で製作をしていきます。なかなか画像がなくこの部分の車輛画像を調べるのが大変でしたが、とてもいい雰囲気になりました。

クロ157 KSモデル



79618=珊瑚模型=16番 1/80=リファイン完成

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 仕掛品のリファインが完成しました。

パーツの変更・追加、各部の修正を行い珊瑚模型製キットの特徴である精密でシャープな仕上がりを目指し製作しました。

79618 珊瑚模型 リファイン
動力の調整や、キャブや各パーツの水平取り付けがとても難しい珊瑚模型のキットですので、おかしな部分は一度全てバラし再度組み直し、その際にパーツの追加・変更を行いました。
仕上がりはとていい雰囲気にまとまりました。

79618 珊瑚模型 リファイン
パイピングも径の変更・追加も行い、79618の特徴である重装備・複雑なパイピングを表現しました。

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン

79618の製作記はこちらから

■車両・スケール
車両:79618
スケール:16番 1/80
メーカー:珊瑚模型

クモヤ90 805=ホビーモデル=16番 1/80=製作①


クモヤ90は通勤型電車モハ72形に両運転台を設け、車両基地内等での車両入れ換えや、牽引車として利用された車両です。
その中でも今回はパンタの設置屋根が低屋根になっている800番台を製作します。

中央線のトンネル径の小さな場所を走行する為にパンタ設置の屋根を低屋根としたそうです。
こちらは通常屋根の前面です。


屋根が低くなっていることがわかります。

クモヤ90805 ホビーモデル
今回はホビーモデルのキットをベースとして車両パーツの追加、変更を実施しオンリーワンのクモヤ90805を製作していこうと思います。

まずはボディを組み上げていきます。低屋根ももちろんですが、3段窓が印象的でとてもカッコいいです。

クモヤ90805 ホビーモデル
低屋根部は屋根を張り合わせる形になっており通常の車輛とことなり合わせる部分が多く苦労しました。

クモヤ90805 ホビーモデル
通常屋根側です。

クモヤ90805 ホビーモデル
クモヤ90805 ホビーモデル
床下もクモヤ90800番台の参考資料をひっぱりだして床下機器、パイピングをどのように製作するのかという計画を始めていきます。

クモヤ90805 ホビーモデル
雨樋、シルヘッダーを取り付けていきます。

クモヤ90805 ホビーモデル
クモヤ90805 ホビーモデル
クモヤ90805 ホビーモデル
パンタ周りの配管を設置していきます。
クモヤ90805 ホビーモデル
パイピングの太さは実車のスケールも勿論大切ですが、モデル全体の雰囲気、バランスを考え「この太さがカッコイイ」と太さで設置をしていきます。

クモヤ90805 ホビーモデル
クモヤ90805 ホビーモデル
もう片側のパイピングを2本設置していきます。

クモヤ90805 ホビーモデル
最後に真ん中近くにパンタ鍵外しを設置していきます。こちらは0.2mmの真鍮線を使用して前面のバランスを考えて設置しました。

クモヤ90805 ホビーモデル
クモヤ90805 ホビーモデル
通常屋根側の加工はこれから実施してく予定です。






79618=珊瑚模型=16番 1/80=リファイン製作①

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型のリファインのご依頼を受けリファイン製作をしていきます。

各パーツの設置状況を確認し追加するパーツや取り外してパーツを変更しながら、全体の仕上がりを計画してから製作を開始していきます。

こちらのモデルは動輪の動きが悪く再調整をしました。
また、車両水平を出す為に各部パーツ設置方法の問題を解決する為に、一度組みあがった部位をバラバラにして組み上げ直します。

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
各部調整が完了して残りのパーツ、パイピングを追加して製作をしていきます。
早速パイピング作業に入っていきます。

79618 珊瑚模型 リファイン
作用管の設置完了です。
79618 珊瑚模型 リファイン

79618 珊瑚模型 リファイン
こちらが完成した状態です。各部にパーツを追加して全体のバランスもまとめ上げました。

79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン
79618 珊瑚模型 リファイン

リファインは全体のバランスを考え追加するパーツ、変更するパーツが多数あり、どのようなモデルに仕上げるのかを考えていくのが大変ですが、とてもいい仕上がりになりました。

マニ30 日銀現金輸送車=BONA FIDE PRODUCT=16番 1/80=製作④

マニ30 BONA
マニ30 BONAの製作です。

床下機器の追加パーツです。エコーモデルさんの発電機を組み上げます。とても立体感のあるパーツです。

マニ30 BONA
各床下機器を設置していきます。

マニ30 BONA
マニ30 BONA
マニ30 BONA
台車TR230です。発電機が付いているのが特徴です。

マニ30 BONA
車両前面にパイピングを施工していきます。配管支えを変更していきます。

マニ30 BONA
マニ30 BONA
手摺、屋根上各機器を設置していきます。

マニ30 BONA
いい雰囲気です。

マニ30 BONA
マニ30 BONA
マニ30 BONA
ボディ部が完成しましたのでこの後、洗浄後塗装をしていきます。

マニ30 BONA
下地塗装を終え、青15号を塗装していきます。

マニ30 BONA
マニ30 BONA
屋根上をグレーに塗装してようやく車両の姿が見えてきました。
インレタを設置します。

マニ30 BONA
クツヅリを入れました。とても雰囲気のあるカッコいいモデルになりました。

マニ30 BONA
屋根上機器は一部、色調を変えアクセントにしました。

DD51 北斗星色=AOSHIMA=1/45=製作①


DD51 北斗星カラーは1寝台特急牽引用として988年に登場しました。
北海道で北斗星・カシオペアを牽引していました。

重連で寝台特急を牽いていた姿はまだ記憶に新しいです。

DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
今回は1/45のAOSHIMA製のプラ製キットを製作していきます。真鍮製にはないプラキットならではの立体感やパーツの彫の深さがあり、大きさも1/45と大きいので完成したモデルの佇まいが楽しみです。

DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
エンジンを組み上げていきます。2基同時に製作していきます。

DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
エンジンだけでも存在感があります。

DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
変速機も立体感がありとてもカッコいいです。

DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
台車枠を組み上げていきます。

DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
車輪を組み入れていきます。
DD51 北斗星色 AOSHIMA 1/45
台車周りの細かなパーツは一気に塗装をして組み上げていきます。


79618=珊瑚模型=16番 1/80=完成

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型が完成しました。

2つ目が特徴的なこの車両は重装備で複雑なパイピングがとても特徴的な車両です。

79618 珊瑚模型
複雑なパイピングの全体像です。
キットでは表現されていなかった作用管等、追加パイピング等も施工してより立体的で重装備な79618になりました。

79618 珊瑚模型
キャブ内にもパイピングを引き込みをしてディティールアップをしています。

79618 珊瑚模型
ランボード下のパイピングも追加してより重厚感のある仕上がりを目指しました。
各継ぎ手、配管支え等もパーツ交換、追加をして立体感のあるシャープな仕上がりにしました。

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
キャブ内も作りこみをしてディティールアップしています。

79618 珊瑚模型
少し見えにくいですがキャブ屋根裏もスジメ板を使用して塗装色も変更して仕上げています。

79618 珊瑚模型
ブレーキ引き棒も設置し横からチラリと見える引き棒の質感がでておりとてもカッコいいです。

79618 珊瑚模型
テンダー車も同様になっています。

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
テンダー車もパイピング追加、暖房用ホース追加をしておりいい雰囲気になっています。

79618 珊瑚模型
79618 珊瑚模型
部分的に布巻きパイプを使用して質感を変えることにより立体感が増しています。

79618 珊瑚模型

79618の製作記はこちらから

■スケール・モデル
車両:79618
スケール:16番 1/80
メーカー:珊瑚模型

■使用パーツ
テンダー取水ハンドル※1187 エコーモデル
締切コック 珊瑚模型
スジメ板※956 エコーモデル
機炭間配管※416 金岡工房
給油コック※170 金岡工房
細密パイプ エコーモデル
作用管支え※1本 エコーモデル
作用管継手 エコーモデル
配管支え ピノチオ
配管支え※1132 エコーモデル
エアホース鎖※347 金岡工房
機炭間配管先端※0.8 金岡工房
LEDパーツ一式 複数メーカー
継ぎ手 サカツウ
線材※0.5×0.2 KS
架線注意板 IMON
L型継ぎ手 エコーモデル
検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村