FC2ブログ

阪神5501 ジェットカー=フェニックス=16番 1/80=製作①

阪神5501 ジェットカー
日本で2番目の高加減速車両です。駅間の短い阪神の路線において特急車両を運行している阪神は特急車両の運行時間の均一化を図るために、加減速性に優れた車両として開発しまいた。

青胴車とも呼ばれる普通電車用に製造された車両です。

今回の車輛は冷房改造前の車輛前面に雨樋が設置されている時代の車輛を再現していきます。

阪神5501 ジェットカー
フェニックスのキットをベースに製作していきます。

阪神5501 ジェットカー
車両前面はこのような形です。前面貫通扉が内側に引っ込んでいる凹型ですので、すこし特殊な形状です。

阪神5501 ジェットカー
ドアの凹み側を裏からハンダづけしていきます。

阪神5501 ジェットカー

阪神5501 ジェットカー
車両前面にもろもろパーツを設置しボディ部と接合してひたすら成形とこすりを続けていきます。

阪神5501 ジェットカー
アングル取り付け冶具を使用してアングルを設置していきますが、車両の裾に丸みがある為、苦戦しています。

阪神5501 ジェットカー
客室ドアも車両前面を張り付ける前に設置しておき、箱型にしていきます。

阪神5501 ジェットカー
つるっとしてきました。

阪神5501 ジェットカー
雨樋を設置していきます。付属の雨樋パーツは丸線でしたので帯板に変更をしてディティールアップしていきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
車両正面の雨樋も帯板(少し厚め)を切り出して成形をして設置していきます。

阪神5501 ジェットカー
この後、車両前面にはパイピングも入れる予定ですので幅を何度も確かめてから設置していきます。

阪神5501 ジェットカー
パンタ周りパイピングを施工していきます。パンタを屋根上に設置してパイピングを決めていきます。

阪神5501 ジェットカー
ランボードも設置してきます。手前に見えるのが付属のランボードですが質感がいまいちですので、エコーモデルさんのパーツ(奥に見える足付きのパーツ)に変更していきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
パンタ台も仮に設置しランボードの位置を決め、けがいて穴をあけていきます。

阪神5501 ジェットカー
エコーモデルさんのこのパーツは2ピースになっており足の間のピッチを数種類から選べます。長さを決めて2つのパーツを張り合わせてランボードを製作していきます。

阪神5501 ジェットカー
ランボードの設置が完了です。ハンダを綺麗にこすりおとし、次はパイピングを決めていきます。
今回は非冷房ですので、ベンチレーターを設置します。パイピング時に一度仮組をしてベンチレータの位置を決めてからパイピング作業に入ります。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
前パンタ車にはパンタ部分から母線を引きまわして車両前面におろしてきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
屋上には他のパイピングも設置していきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
後ろパンタ車のパイピングは車両前面に引間氏和します。写真左側のパイプは太いパイプを使用して設置していきます。
各パイピングの太さを変更することによりリアリティのあるモデルとなると思います。

阪神5501 ジェットカー
配管留です。

阪神5501 ジェットカー
ケースバイケースですが配管留をパイプに通して各穴に入れて配管をしていきます。

阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー
阪神5501 ジェットカー




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内記事検索
工房特製品、修理品等【完成画像】
過去製作した工房特製品、修理品、委託品の完成画像を車両ベース毎に掲載しています。
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (4)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村