FC2ブログ

小田急5000形(5200形) 6連=でんてつ工房=16番 1/80=製作③

小田急5000 でんてつ工房
小田急5000 でんてつ工房の製作です。

ロスト製の台車を組み上げていきます。
先頭車両の車輪径と、中間車両の車輪径が実車は違ったようです。

でんてつ工房さんのこちらのキットはそこも再現されており先頭車両用台車(左側)と中間車両用台車(右側)で車輪径が違うことがわかります。

小田急5000 でんてつ工房
台車を組み上げていくとより、立体感のある台車だと感じます。とてもカッコいいです。

小田急5000 でんてつ工房
先頭車両用台車

小田急5000 でんてつ工房
中間車両用台車

小田急5000 でんてつ工房
床下機器を図面を眺め設置していきます。全てロストパーツになっています。
とにかく磨き上げて設置を繰り返します。

小田急5000 でんてつ工房
今回の動力はMPとなります。こちらは動力車ようの床下機器です。

小田急5000 でんてつ工房
床板に少しづつではありますが、パーツを設置していき仮組みをしていきます。
こちらはまず床板にアンカーを取り付けました。

小田急5000 でんてつ工房
でんてつ工房さんのキットに入っていたロストパーツはとてもひとつひとつのパーツのクオリティが高く、どの機器もシャープな作り込みをしており模型としてのツボを抑えており組みあがりがとても楽しみになるキットです。

小田急5000 でんてつ工房
少し画像では見にくいですが、三菱のマークが入ったロストパーツを使用しておりとても小さな部分ですが、模型として再現されるとたまらなく面白い部分です。

小田急5000 でんてつ工房

小田急5000 でんてつ工房
ロスト台車にMP動力を組み込んでいきます。
ロストの処理はとても大変ですが、パーツを組み上げ、車両が出来てくる様子はとてもいい雰囲気になります。
模型として台車の立体感というのは、カッコイイと思えるとても大きな要素になります。

小田急5000 でんてつ工房
車両下周りばかりになりましたが、上回りの画像です。こちらも車両資料、実車画像を観察し各パイピングを設置していきます。
小田急5000 でんてつ工房

小田急5000 でんてつ工房
屋根上にパイピングが入ってくると、ぐっと精密度が増して塗装前ではありますが、とてもいい雰囲気になって来ました。

小田急5000 でんてつ工房
こちらは車両床下端の電装装置を組み上げた状態です。

小田急5000 でんてつ工房
元々はこのようなバラバラのパーツ構成です。
一つづつ丁寧に組み上げをしていきます。この部分の各パーツもパイピングの線の細さ等とてもシャープな印象です。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村