FC2ブログ

箱根登山鉄道モハ3=ホビーメイトオカ=16番 1/80=製作②

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山鉄道デハ3 ホビーメイトオカキットの製作です。

屋根上の機器を設置していきます。ランボードを設置しこの車両の最も特徴的な抵抗器を設置していきます。
このパーツはロスト製でその足がとても細くなかなかハンダが流れず設置に最も苦労をしました。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
抵抗器カバーのアーチの部分もきっちりと再現されており重厚感のある屋根上です。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
ぎっしりと並んだ抵抗器は、ひとつひとつがバラバラのパーツになっており、一体型のパーツとは違いとても立体感があります。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
こちらがその抵抗器のカバーの屋根部分で取り外しが可能な設計になっています。
少しディティールが悪いので、こちらをディティールアップしていきます。蓋部分の飾りは全てヤスリで落として行きます。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
蓋のビス部分には穴をあけ、新しくビス打ちをしていき立体感を出して行きます。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
ヒンジも表現がなされていなかった為、ヒンジも取り付けてディティールアップをしました。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
パンタ側にはパンタ鉤外しを設置し、屋根周りからの配管を車輛前面に引きまわすディティールアップを施工していきます。
素組みとは一味違ったモデルに仕上げるよう、車両のポイントを決めてディティールアップをしていきます。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
屋根上、抵抗器カバーを設置しその周りにも実車通りの配管を施工してきます。
思った以上に屋根上の配管が多い車輛でした。
しかし設置後はとても重厚感のあるモデルでとてもいい雰囲気です。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
床下と台車を仮組みして走行テストも同時に実施していきます。
車輛前面下の水タンクの横には手歯止めを設置しました。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
ボディ部をのせて仮組みの全体像を見ていきます。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
床下の配管もいい雰囲気です。
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
床下も梁を設置しぎっしりとパイピングを施工しています。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
塗装は下地から始めていきます。右に見える2つ目は同じ山岳鉄道の高野山鉄道デハニ501です。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
今回は旧塗装のブルーとクリーム色の塗装パターンで製作をしていきます。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
屋根上は黒鉄色を調合、機器類はもう少し明るいシルバー(ステンレス系)、抵抗器は中間の黒シルバーを調合して色でも奥行きが出るように塗装をしていきます。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
ステップは山吹色を入れ、車両のアクセントとなりとてもいい雰囲気です。

箱根登山デハ3 ホビーメイトオカ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村