FC2ブログ

D51 北海道標準型密閉キャブ=珊瑚模型Z仕様=16番 1/80=製作②

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道標準型 密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様の製作記です。

ボイラー部になります。新品のキットですが、まずは各パーツ研磨を掛けていきます。テーパーがきってありいい雰囲気です。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
蒸気モデルの製作する際は車両番号毎に製作モデルを調べて、特徴をつかみそれを反映していきます。
まずは、図面からチェックして車両のベースの仕様を調べていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
キャブ内の図面を見てある程度の配管等を調べます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
ランボード上の継ぎ目もこちらの図面には標記されているので、表現できる部分はどのパーツで表現をするのかと考えていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
こちらは半流の図面です。今回製作するのは標準型です。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
そのあと、キット付属のパーツの研磨作業とともに、使用するパーツ、変更するパーツ、追加するパーツを選定して製作に入っていきます。

画像はテンダー妻面のパーツですが、ATS、道具箱の蓋がエッチングで表現されていますが、ヒンジの厚みが薄く、いまいちだと考え、金岡工房さんのヒンジ(0.8mm) 取っ手を設置していきます。
とても細かなパーツですが、このひとつづつの積み重ねが、キットを素組みしただけのモデルとは全く違う佇まいになっていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
上のクリップで挟んでいるのが金岡工房さんのヒンジ(0.8MM)です。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
左にあるのが金岡工房さんのドア留め具パーツです。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
元々のエッチングのヒンジ表現はけずり落し、追加パーツを設置する穴あけをしていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
こちらがパーツを設置した画像です。一気に立体感がでてきました。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
キャブの右側解放ドア部分も、上記のテンダー妻面と同様にヒンジ部分の表現が甘いので、パーツを設置していきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
ヒンジを設置しました。ドア取っ手の表現が無かった為、ドア取っ手をこの後設置していきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
温水温め器もロストパーツの質感がいまいちでしたので、ピノチオ製のパーツに変更しました。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
洗口栓も付属パーツからエコーモデルさんのパーツに変更しました。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
煙突も同様に表現が弱く、少し太かった為、ピノチオ製に変更しました。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
ドーム部です。付属のパーツはロスト製でした。今回はボルト打ちを部分的に実施していく予定でしたので、付属ロストパーツですと加工がしにくかった為、付属のロストパーツと同等の表現力のあるアダチさんのドームパーツ(プレス)をベースに使用して加工をしていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
ランボードの継ぎ目を表現していきます。実車は複数の鉄板をかしめていますが、モデルは表現されていません。
とても立体感がでてカッコイイ部分ですので、ランボードも加工をしていきます。
糸のこで切れ目をきっていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
このような感じに仕上げていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
そして金岡工房さんの六角ボルトをひとつずつ穴空けをして施工していきます。
ルーペ-で見るとちゃんと六角の形をしています。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
重油タンクをボイラー上に乗せる計画モデルですので、ボイラーを用意します。こちのロストパーツは金岡工房さんの重油タンクを使用します。
とても細かな表現がされているロストパーツです。D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
ドーム加工中で重油タンク等を載せてバランスを見ていきます。

D51北海道密閉キャブ 珊瑚模型
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (1)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (6)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村