FC2ブログ

D51 北海道標準型密閉キャブ=珊瑚模型Z仕様=16番 1/80=製作⑥

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様キットベースの製作です。
テンダー車に増炭枠を設置していきます。選定したパーツは鈴木工房さんの増炭枠です。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
早速パーツを設置していきます。
キャブより妻面です。画像右上にはATS箱を設置しました。パーツは金岡工房さんのパーツを使用しました。
真ん中には火掻き棒(金岡工房さんパーツ)を設置して細かなデティールアップをしていきます。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
妻面の床下台枠はキット構成ですと、真鍮生地のままでしたので前回の記事で明記しました通り、網目板をテンダーの形に合わせて切り出し設置し、両隅に金岡工房さんのロスト製の六角ボルトを打ち込みました。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
画像左側が先程のATS箱の裏側です。金岡工房さんのこちらのパーツは表と裏側の箱部分まで表現されており、とてもモデルの雰囲気が変わるパーツです。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
テンダー裏面に暖房管、ブレーキパイピング等を施工していきます。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
台車との干渉を何度もチェックしてすこしづつ配管を進めていきます。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
カプラーは金岡工房さんの稼働式のロストパーツに変更、ステップに掛かっている暖房ホースはエコーモデルさんのパーツを選択しました。
カンテラは金岡工房さんパーツを選択し、電線管配管留はエコーモデルさんを選択しました。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
従台車の下には灰箱作用椀(金岡工房さんパーツ)を設置し立体感と重厚感を出して行きます。D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
キャブ無いもほぼ完成しています。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
追加パーツの数はとても多い部分です。D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
キャブ内の各面には各車両制御、警報機器が設置されています。キャブ内電灯も実車通り、運転士、機関士、機器用の3つが設置されていますので、少し醜いですが、ロストパーツ(金岡工房さん製)を設置しています。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
ボイラーから出ている管は砂撒き管になります。この管は各動輪側まで来ているので中空パイプに真鍮線を入れて自作し、表現をしてあります。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
ほぼ完成した公式側です。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース


D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
非公式側

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
煙室内のパーツも入れる予定ですので、今回の煙室ドアはニワ模型さんのパーツを使用しました。
ヒンジ・カンヌキはエコーモデルさんおパーツを使用しました。

ヒンジの長さがニワ模型さんのパーツの穴に合わなかったので、穴を楕円型に広げて、画像の一番右のヒンジの稼働部分からハンダ止めをし、穴を楕円形に広げた煙室ドア側の穴にヒンジを設置していくとうまくパーツを入れることができます。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
一番左がキット付属のロストパーツ、真ん中が今回使用するニワ模型さんのパーツ、右が珊瑚さんのパーツです。右の珊瑚さんのパーツは同じD51でも半流タイプの煙室トビラです。
枠の形が微妙に違うのが面白いです。

D51 北海道密閉キャブ 珊瑚模型Z仕様ベース
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (1)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (7)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村