FC2ブログ

京王電軌500形貴賓車=16番 1/80=ムサシノモデル=製作②

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
京王電軌500形 ムサシノモデルの製作記です。

床下機器を艤装する際にはいつも悩むところです。モデルとして何を優先するのかということをいつも考え製作をさせて頂いています。
電車編成モデルは走行重視というオファーがあればやはり動力はMPギアを選択することになります。
単両で走行するモデルに関してはやはり、床板に梁を設置し各床下機器を艤装していくのが個人的にはとてもいいと思います。

ただ、モデルを製作する際に気を付ける点としてもう一つあげるとすれば全体のバランスで考えるという事も重要視しています。
床下機器だけものすごく手を入れるのもちょっと違うきがしますし、その逆もまたしかりだと考えております。

やはり、このような床板に梁を設置するモデルは、ボディ部のキットの持っている特徴、作りこみ度によって設置するかどうかを決めていくことが重要かと思います。

現在、製作モデルの京王電軌500はリベット付きのボディのキットの持っている出来栄え、各部の作りこみを考えるとやはり、床板には梁を付けたいと思います。
動力はメディアリンクスさんのNSドライブユニット(スポーク車輪)を選択しました。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
と、同時に床下機器も出来うる限り質感の良い、現代のパーツに置き換えていこうと思います。
上記画像の右側がキット付属のパーツ、左側が変更するパーツです。エアタンクは4本の足付き台がある、アダージョさんのパーツに変更しました。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
台枠はエッチングを1枚づつハンダで張り合わせており、とてもスッキリとした出来栄えです。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ブレーキシリンダーもアダージョさんのパーツに変更します。右がキット付属パーツです。左はとても彫の深いアダージョさんのブレーキシリンダーです。こちらのパーツは2ピースで構成されておりとても彫が深くスッキリ、くっきりとしているパーツです。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ボディ部は手摺、水切り、パンタ台、屋根上機器を設置していきます。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ヘッドライトが車両中央に設けられている特徴的な姿です。パンタ鉤外しも設置し雰囲気を盛り上げていきます。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
屋根上機器及びパンタ周り配管です。この後パイピングをもう少し追加予定です。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ドアの開閉部分の仕掛けもきっちりとモデルに再現されています。ムサシノモデルさんのこだわりを感じます。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ヘッドライトパーツも変更します。画像はキット付属のパーツです。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ロスト製のパーツに変更します。車両正面のパーツだけに質感を高めると一気に雰囲気が変わるポイントです。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
ベンチレーターも車両とのバランスを考え右側のホワイトメタルのパーツから左側のロストパーツへ変更予定です。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
コンプレッサーもホワイトメタルの少し古い型のパーツが付属しておりましたので、モデル8さんの3ピースのロスト製に変更します。

京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
京王電軌500 貴賓車 ムサシノモデル
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村