FC2ブログ

阪急4501=モデル8=16番 1/80=製作②

阪急4501 モデル8
阪急4501 モデル8の製作です。

ボディ塗装を施工していきます。まずは下地作りをしていきます。下地はグレー(今回はマッハさんの23C)を塗装していきます。

阪急4501 モデル8
800番~1000番の耐水ペーパーで表面を滑らかにして本塗装に備えます。

阪急4501 モデル8
続いてボディ部分を塗装していきます。艶消しブラックを調合して塗装していきます。少しフラットベースを多めに添加していき独特の色調を狙っていきます。

阪急4501 モデル8
全体にボディ色を塗装し、再度、耐水ペーパー1000番~1200番で水研ぎをして表面を滑らかにしていきます。

阪急4501 モデル8
今回も床板部に梁を設け、パイピング、機器追加と床下をこってりとさせている為、動力は吊掛け式を採用しました。
今回の動力はIMONさんのFMギア※スポークを選択しました。価格はメディアリンクスさんよりも少しだけ高いですが、モーターとギアが1つの軸の中に納まりスッキリとしています。
走行性能も勿論悪くありません。静かです。

阪急4501 モデル8
車両前面に車両番号、警戒色を設置していきます。車両番号はメタル切り抜き数字を1文字づつ貼っていきます。
貼るのは大変ですが、インレタと比べ立体感がありますので、阪急4501のような古い車両にはとてもよく似合います。

阪急4501 モデル8
一部シート部分のある車両だったようですので、シートを用意し塗装しておきます。

阪急4501 モデル8
後付けの小物パーツはまとめて塗装していきます。

阪急4501 モデル8
屋根上はこの時点では薄いグレーを塗装、機器、ヘッドライトは少し暗いグレー等を入れメリハリを付けています。

阪急4501 モデル8
阪急4501 モデル8

阪急4501 モデル8
阪急4501 モデル8
昨日、こちらのモデルの製作依頼を頂いておりますお客様が当工房にお見えになり、ご納品モデルのお引き渡しから、楽しい模型談義をしており、阪急4501の製作途中経過を見て頂きました。屋根色を鉛丹色を調合して色を塗装しイメージを変えてみようと言うことになり、早速施工しました。

屋根色が落ち着き、阪急の車輛らしいイメージに仕上がってきました。
いい雰囲気です。

阪急4501 モデル8
窓ガラスを貼りました。車両横の窓は閉じられていた可能性もありますので、モデルでその車両イメージを表現してみました。

阪急4501 モデル8
阪急4501 モデル8

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
D61 (1)
C62 (2)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (2)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
東京にある一部上場企業役員を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村