FC2ブログ

C57 65号機=KTM ゴールドラベルキットベース=16番 1/80(16.5㎜)=当工房特製品 製作④

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65号 KTM ゴールドラベル 工房特製品の製作記です。

動輪廻り、ブレーキシューを設置していきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ブレーキパッド等の質感はいい雰囲気ですが、一度設置しましたがやはり引き棒も入れてもう少しディティールをアップが必要な部分かと判断し別パーツに変更をする事にしました。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
こちらは交換まえの画像でえす。
真裏の部分で確かに見えない部分ですが、私どもはここは力を入れてディティールアップをしていきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ブレーキシュー、引き棒を設置しこの形で仕上げる事にしました。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
動輪の間にはブレーキシュー、砂撒き管が降りてきており、動輪に触れそうですが、接触してショートしないよう調整をしていきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
灰箱したには灰戸作用椀(曲がって見えるパーツ)を設置(金岡工房さんパーツ)を設置し精密な下周りを表現しています。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
横から見た状態です。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ボディを乗せただけの状態です。この後、上下を合わせ動作確認をし仮組みを行います。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ天窓はスライド式に加工をしました。フィンを1枚づつ設置しスライド分のレールを自作、スライド式の天窓に加工しています。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
非公式側です。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ下配管エンドには機炭管配管を設置し(金岡工房さんパーツ)ディティールアップをしております。
キャブ斜め右したに見える丸い機器は、チリコシです。チリコシをつなぐ配管は六角型継ぎ手でパイピングを各節に分けて留めています。この継ぎ手は各所で各サイズを使用しパイピングのメリハリを付け、かつ精密度を上げています。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
キャブ周りのパイピングも蔦がからまるように実車は施工されておりましたので、実車の画像を見ながら設置していきました。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
ランボード横に、お客様からのご要望で後進用の列車暖房配管と前梁下の暖房用配管を設置致しました。
確かにこの姿もメカニカルでいい雰囲気です。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

このあと、塗装の為、脱脂洗浄を実施します。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
脱脂洗浄を終え、ピカピカの生地の状態に戻りました。水気をよく切り乾燥させていきます。

本体はパイピングがぎっしりでブラシを入れて洗うのは困難ですが、少しづつ、ブラシを変えながら、優しく丁寧にブラシを使いながら洗っていきます。蒸気モデルは洗浄に通常の車輛よりも3倍くらい時間が掛かります。
洗浄不足はその後の塗装作業の塗料の付着を阻害する大きな要因の一つとなり得ますので、じっくり、丁寧に時間を掛けて洗浄していきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
テンダー車

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
分解できるパーツは分解して、こちらも一つづつ丁寧に洗浄していきます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
メインフレームもピカピカです。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

乾燥し次第、プライマーを塗布していきます(ミッチャクロンを原液のままブラシで吹き付け)

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
黒の塗装は艶の状態を変える事により黒ひとつの色でも艶の表現一つで塗装面に違いを持たすことが出来、コントラストにして立体感を出して行きます。

C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品
C57 65 KTM ゴールドラベル 工房特製品

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内記事検索
工房特製品、修理品等【完成画像】
過去製作した工房特製品、修理品、委託品の完成画像を車両ベース毎に掲載しています。
D61 (1)
C62 (3)
C51 (4)
C52 (1)
C53 (1)
C55 (2)
C57 (4)
C63 (1)
C11 (2)
D50 (1)
D51 (8)
製作モデラーのプロフィール

シンクロ

Author:シンクロ
会社を引退してから数年経ちました。会社時代も含め最も長く続いた趣味は、中学生の頃からはじめた模型製作でした。

この歳まで続けることによって、技術的な経験・知識が積み上がりました。
完成した模型は販売し、それを購入して頂いた方々に喜んで頂けるようになりました。

メーカー完成品・メーカー発売のキットを組んだだけの完成を目指すのではなく、あくまでも「実車に近づける」=「かっこいい、雰囲気ある佇まい」という目標を持ち、変更部分は問わない形で「カスタマイズ」した商品を作るようになりました。

ここでは今までに製作した模型、販売した模型の完成画像とその製作経過を記事にして紹介していきます。

製作・修理等のご依頼はこちらから
「子供の頃、駅でよく見たあの電車」 「旅行の時、寝台車を牽いていたあの電気機関車」 「今はもう見ることのできないあの頃の蒸気機関車」 この車両にはこんなパーツやパイピングがあったらいいな・・・ という想いをモデルとして再現致します。 欲しい車両がキットでしかないが製作は出来ない・・・ 走らなくなってしまって困っている・・・ 鉄道模型には色々なご要望があると思います。 どんなご依頼でもご相談下さい 製作費用に関してはご連絡を頂いた後、メール・電話等でお打ち合わせをさせて頂き決定させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
一押し




ランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村